高石ともや

【高石ともや+ザ・ナターシャー・セブン】の歌をyoutubeで検索
高石ともやは、昭和41年(1966)に「かごの鳥ブルース/恋のノンキ節」が最初のシングルレコードです。フォークの元祖、旗手などと称されます。昭和42年(1967)「想い出の赤いヤッケ」に続き、昭和43年(1968)には「受験生ブルース」がヒットし世に知られる事になりました。
その他の代表曲は、「主婦のブルース」「坊や大きくならないで」「死んだ男の残したものは」「かけてゆく君は風」「何とか元気をやっています」「もう一歩」などがあります。
昭和46年(1971)に<ザ・ナターシャー・セブン>を結成し、活動しました。

(昭和16年(1941)12月9日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「受験生ブルース」がヒットした昭和43年(1968)は、小笠原諸島が日本に復しました。東名高速道路が開通し郵便番号制もスタートします。そして3億円事件が起きました。社会は、大学紛争が激化します。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
高石ともやのお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和42年 (19676)→ 想い出の赤いヤッケ 白い傘
昭和43年 (1968)→ 受験生ブルース 主婦のブルース
昭和44年 (1969)→ ホーチミンのバラード ベトナムの空
     
平成4年 (1992)→ 君はランナー  
平成7年 (1995)→ 何とか元気をやっています 陽気にゆこう
     
【その他】    
死んだ男の残したものは 死んだ女の子
橋をつくったのはこの俺だ イムジン河 十字架に帰ろう
戦争は知らない 友よ(岡林信康) のんき節
拝啓・大統領殿 血まみれの鳩 我が大地の歌
山谷ブルース 女工哀史  
     
【ザ・ナターシャー・セブン】    
陽のあたる道 私の子供たちへ 春を待つ少女
たづるさん 近江の子守歌 想い出の赤いヤッケ
孤独のマラソン・ランナー くちづけ
ヘイ・ヘイ・ヘイ 近江の子守唄 ブルーグラスメドレー
愛しい人よ 時には化粧を
   変えてごらんなさい
私に人生といえるものがあるなら
どこにいればいいんだろう フォギー・マウンテン・
      ブレイクダウン
八ヶ岳
兄妹心中 綿つみの歌 流れる雲のように
腰まで泥まみれ すずめの歌 柳の木の下で
海原 The water is wide