テレサ・テン

昭和30~40年代歌謡【テレサ・テン〈デン・リージュン〉】をyoutubeで検索。
テレサ・テンは、昭和49年(1974)にて「今夜かしら明日かしら」で日本デビューしました。
同年に「空港」が大ヒットし、第16回日本レコード大賞新人賞を受賞した事で一躍人気歌手となりました。その後、国外退去処分などの出来事の中、昭和59年(1984)に日本での再デビューを果たします。
同年に「つぐない」、翌昭和60年(1985)に「愛人」と大ヒットを重ね第36回NHK紅白歌合戦に初出場しました。NHK紅白歌合戦には3回の出場を果たします。
その他の代表曲として「時の流れに身をまかせ」「別れの予感」「恋人たちの神話」「夜来香」「そして…めぐり逢い」などがあります。

(昭和28年(1953)1月29日 ~ 平成7年(1995)5月8日)

「空港」が大ヒットした、昭和49年(1974)は、佐藤栄作元首相がノーベル平和賞受賞をしました。
また、巨人軍の長嶋選が手現役引退した年でした。
小野田さんルバング島から帰還し、三菱重工ビル爆破事件などの出来事がありました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
テレサ・テンのお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和49年 (1974)→ 今夜かしら明日かしら 空港
  雪化粧  
昭和50年 (1975)→ 女の生きがい 夜の乗客
  アカシアの夢  
昭和51年 (1976)→ 夜のフェリーボート  
昭和52年 (1977)→ ふるさとはどこですか あなたと生きる
昭和53年 (1978)→ 東京夜景  
昭和55年  (1980)→ 你(あなた) まごころ
昭和56年 (1981)→ ジェルソミーナの歩いた道  
昭和58年 (1983)→ ふたたびの  
昭和59年 (1984)→ つぐない  
昭和60年 (1985)→ 愛人  
昭和61年 (1986)→ 時の流れに身をまかせ スキャンダル
昭和62年 (1987)→ 別れの予感  
昭和63年 (1988)→ 恋人たちの神話  
昭和6 (1988)→ 香港〜Hong Kong〜 悲しい自由
     
平成2年  (1990)→ 涙の条件  
平成3年  (1991)→ 悲しみと踊らせて  
平成4年 (1992)→ 愛の陽差し〜アモーレ・ミオ〜 夕凪
  晩秋  
平成5年 (1993)→ あなたと共に生きてゆく  
平成6年 (1994)→ 夜来香  
平成8年  (1996)→ そして…めぐり逢い  
平成9年 (1997)→ 夢立ちぬ 我只在乎你
     
【その他】    
北の旅人 心凍らせて 別れの朝
流されて 無言坂 よせばいいのに
别れても好きな人 酒場にて 津軽海峡・冬景色
いつでも夢を 他人船 あずさ2号
大阪しぐれ すきま風
星影のワルツ みちのくひとり旅 心もよう
君のひとみは10000ボルト
堀内孝雄
ワインカラーの記憶
雪が降る 女ひとり We Are The Stars
加山雄三
愛のくらし