昭和30年 ~ 昭和34年の流行歌

【昭和30年~34年迄の時代の流行歌を年代別にyoutubeで検索】
この時代には、島倉千代子三橋美智也若原一郎大津美子、神楽坂浮子、曽根史郎フランク永井石原裕次郎松山恵子北原謙二三波春夫神戸一郎、平尾昌晃、水原弘村田英雄和田弘とマヒナスターズ小林旭ザ・ピーナッツ水原弘、守屋 浩、こまどり姉妹、松尾和子など多数の歌手が登場し昭和歌謡の黄金期を迎えます。
「この世の花」「おんな船頭唄」「月がとっても青いから」「赤と黒のブルース」「東京アンナ」「別れの一本杉」「若いお巡りさん」「東京の人」「十九の春」「ここに幸あり」「哀愁列車」「柿の木坂の家」「錆びたナイフ」「東京のバスガール」「喜びも悲しみも幾年月」「有楽町で逢いましょう」「無法松の一生雪山讃歌」「可愛い花」「南国土佐を後にして」「黒い花びら」「古城」など今なお歌い繋がれる名曲が残されました。

当ページでは、昭和30年~34年迄の時代の流行歌を年代別にYouTube検索できます。
思い出のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。

昭和30年 昭和31年 昭和32年 昭和33年 昭和34年


昭和年代別流行歌はこちらから     平成年代別流行歌はこちらから

 

昭和30年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
おもいでの花
島倉千代子
サビタの花
(伊藤久男)
バラ色の雲に乗せて
奈良光枝
次男坊鴉
白根一男
東京へ行こうよ
(真木不二夫)
渡り鳥いつ帰る
コロムビア・ローズ
ピレネーの山の男
岡本敦郎
弁天小僧
三浦洸一
あれが空似というものか
三浦恍一
田舎のバス
(中村メイ子)
この世の花
島倉千代子
あの日の船はもう来ない
美空ひばり
おんな船頭唄
三橋美智也
喫茶店の片隅で
(松島詩子)
高原の宿
(林 伊佐緒)
月がとっても青いから
(菅原都々子)
港のおりくさん
若原一郎
娘船頭さん
美空ひばり
妻恋峠
春日八郎
ひばりの三度笠
美空ひばり
親子舟唄
田端義夫・白鳥みずえ)
カスバの女
(エト邦枝)
逢いたかったぜ
岡 晴夫
ご機嫌さんよ達者かね
三橋美智也
裏町のピエロ
若原一郎
ガード下の靴みがき
(宮城まり子)
かりそめの唇
コロムビア・ローズ
あゝ新撰組
三橋美智也
赤と黒のブルース
鶴田浩二
銀座の雀
(森繁久彌)
珠はくだけず
三浦洸一
りんどう峠
島倉千代子
東京アンナ
大津美子
ハンドル人生
若原一郎
名月佐太郎笠
高田浩吉
青い夜霧の港町
(大木 実)
おばこマドロス
(野村雪子)
君は海鳥渡り鳥
三橋美智也
島の船唄
三橋美智也
素敵なランデブー
美空ひばり
別れの一本杉
春日八郎
わたしゃ糸屋の器量よし
美空ひばり
あの娘が泣いてる波止場
三橋美智也
かえりの港
藤島桓夫
チャチャチャは素晴らしい
雪村いづみ
むすめ巡礼
(鈴木三重子)
   

 

 

昭和31年 流行歌  ※年代に誤差の場合があります。

                                             
歌う二等兵
(伴 淳三郎)
月のおけさ船
青木光一
流し舟唄
藤島桓夫
ハートブレイク・ホテル
(小坂一也)
面影いずこ
白根一男
自転車旅行
岡本敦郎
十九の春
(神楽坂浮子)
東京の人
三浦洸一
あゝ田原坂
三橋美智也
哀愁の街に霧が降る
(山田真二)
天城悲歌
曽根史郎
男涙の子守唄
三橋美智也
おばこ船頭さん
(野村雪子)
若いお巡りさん
曽根史郎
16トン
フランク永井
愛ちゃんはお嫁に
(鈴木三重子)
浮草の宿
春日八郎
風の吹きよで
若原一郎
ここに幸あり
大津美子
東京の人さようなら
島倉千代子
リンゴ村から
三橋美智也
哀愁列車
三橋美智也
玄海船乗り
三橋美智也
月の嫁入り船
春日八郎
ともしび
(ダーク・ダックス)
早く帰ってコ
青木光一
やくざ若衆祭り唄
美空ひばり
縁があったらまた逢おう
三橋美智也
しあわせはどこに
コロムビア・ローズ
狂った果実
石原裕次郎
十九の浮草
松山恵子
好きだった
鶴田浩二
どうせ拾った恋だもの
コロムビア・ローズ
トチチリ流し
春日八郎
場末のペット吹き
フランク永井
港は別れてゆくところ
美空ひばり
お花ちゃん
三橋美智也・斎藤京子)
君はマドロス海つばめ
美空ひばり
あゝダムの町
三浦洸一
俺と影法師
春日八郎
木曽恋がらす
三橋美智也
ケ・セラ・セラ
(ペギー葉山)
波止場だよ お父つぁん
美空ひばり
みれん峠
三橋美智也
江差恋しや
三橋美智也
男のブルース
三船 浩
流れのジプシー娘
大津美子
母恋吹雪
三橋美智也
ふるさと郵便
春日八郎
   

 

昭和30年 昭和31年 昭32和年 昭和33年 昭和34年

 

昭和32年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
逢いたいなァあの人に
島倉千代子
赤胴鈴之助の歌
(岩瀬寛・上高田少年合唱団)
男の友情
青木光一
メケ・メケ
(丸山明宏(美輪明宏))
13800円
フランク永井
流転がらす
春日八郎
わかれ道
北原謙二
俺ら炭坑夫
三橋美智也
東京見物
三橋美智也
東京午前三時
フランク永井
美貌の都
(宝田 明)
俺は待ってるぜ
石原裕次郎
一本刀土俵入り
三橋美智也
いのちの限り
大津美子
お月さん今晩は
藤島桓夫
恋なんて捨てっちまえ
三船 浩
ごめんヨかんべんナ
春日八郎
東京だよおっ母さん
島倉千代子
僕は流しの運転手
青木光一
青春サイクリング
(小坂一也)
浜っ子マドロス
美空ひばり
チャンチキおけさ
三波春夫
船方さんよ
三波春夫
故郷は遠い空
春日八郎
港町十三番地
美空ひばり
未練の波止場
松山恵子
リンゴ花咲く故郷へ
三橋美智也
バナナ・ボート
(浜村美智子)
ジョッキで乾杯
曽根史郎
長崎の蝶々さん
美空ひばり
アンコなぜ泣く
藤島桓夫
あん時ゃどしゃ降り
春日八郎
嘘じゃないんだ
三船 浩
丘にのぼりて
若原一郎
おさげと花と地蔵さんと
三橋美智也
踊子
三浦洸一
柿の木坂の家
青木光一
故郷は遠い空
春日八郎
錆びたナイフ
石原裕次郎
東京のバスガール
コロムビア・ローズ
喜びも悲しみも幾年月
若山 彰
夜霧の第二国道
フランク永井
男の横丁
石原裕次郎
純愛の砂
大津美子
母の便り
春日八郎
吹けよ木枯らし
(石井千恵)
江戸の闇太郎
美空ひばり
おさらば東京
三橋美智也
さようなら故郷さん
三船 浩
苦手なんだよ
春日八郎
羽田発七時五十分
フランク永井
プリンセス・ワルツ
コロムビア・ローズ
ふるさとの岬
三浦洸一
雪之丞変化
美空ひばり
夢見る乙女
(藤本二三代)
別れの波止場
春日八郎
有楽町で逢いましょう
フランク永井
おけさ舟唄
三橋美智也
お前にゃ俺らがついている
石原裕次郎
十代の恋よさようなら
神戸一郎


昭和年代別流行歌はこちらから     平成年代別流行歌はこちらから

昭和33年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
逢いにきましたお父さん
(三宅広一)
たそがれの星
(大野一夫)
初めての出航
曽根史朗
夜霧のデッキ
三橋美智也
夜の酒場
(宝田 明)
忘れ得ぬ人
島倉千代子
居酒屋
春日八郎
ギター鴎
三橋美智也
鷲と鷹
石原裕次郎
街灯
三浦洸一
口笛が聞こえる港町
石原裕次郎
月光仮面は誰でしょう
(若草児童合唱団)
公園の手品師
フランク永井
たそがれ酒場
フランク永井
東京詩集
鶴田浩二
大阪の人
三浦洸一
三味線マドロス
美空ひばり
だから言ったじゃないの
松山恵子
東京だより
三船 浩
夕焼とんび
三橋美智也
あいつ
(旗 照夫)
嵐を呼ぶ男
石原裕次郎
思い出さん今日は
島倉千代子
銀座の蝶
大津美子
西銀座駅前
フランク永井
民謡酒場
三橋美智也
郭公啼く里
春日八郎
銀座九丁目水の上
神戸一郎
ダイアナ
(山下敬二郎)
花笠道中
美空ひばり
風速四十米
石原裕次郎
ラブレター
フランク永井
明日は明日の風が吹く
石原裕次郎
釧路の駅でさようなら
三浦洸一
こいさんのラブコール
フランク永井
ダンディ気質
田端義夫
星はなんでも知っている
(平尾昌晃)
無法松の一生
村田英雄
夜霧の滑走路
三船 浩
夜がわらっている
織井茂子
おーい中村君
若原一郎
青春は雲の彼方に
白根一男
センチメンタル・トーキョー
三橋美智也
泣かないで
和田弘とマヒナスターズ
別れたっていいじゃないか
神戸一郎
赤い波止場
石原裕次郎
女を忘れろ
小林 旭
十九の渡り鳥
(川村 淳)
好きな人
(藤本二三代)
有楽町0番地
フランク永井
雪山讃歌
(ダーク・ダックス)
赤い夕陽の故郷
三橋美智也
海猫の啼く波止場
春日八郎
俺は淋しいんだ
フランク永井
ふるさとの風
フランク永井
雪の渡り鳥
三波春夫
からたち日記
島倉千代子
さのさ
江利チエミ
ダイナマイトが150屯
小林 旭
紅の翼
石原裕次郎
たそがれのテレビ塔
フランク永井
   

 

 

昭和34年 流行歌  ※年代に誤差の場合があります。

                                             
あなたが帰る日
(能沢佳子)
かすりの女と背広の男
三橋美智也
笛吹峠
三橋美智也
地下鉄(メトロ)
   は今日も終電車

(井上ひろし)
夕焼け地蔵さん
曽根史郎
夜霧の空の終着港
和田 弘とマヒナスターズ)
恋のビジネス特急
フランク永井
あれから十年たったかなァ
春日八郎
夜霧に消えたチャコ
フランク永井
可愛い花
ザ・ピーナッツ
南国土佐を後にして
(ペギー葉山)
大利根無情
三波春夫
忠太郎月夜
三波春夫
冷たいキッス
フランク永井
グッドナイト
松尾和子
和田弘とマヒナスターズ
黒い花びら
水原 弘
古城
三橋美智也
世界を賭ける恋
石原裕次郎
東京ナイトクラブ
フランク永井松尾和子
蟹工船
村田英雄
情熱の花
ザ・ピーナッツ
たった一人の人でした
三橋美智也
夜空の笛
(守屋 浩)
黄色いさくらんぼ
(スリー・キャッツ)
黄昏のビギン
水原 弘
僕は泣いちっち
(守屋 浩)
山の吊橋
春日八郎
浅草姉妹
(こまどり姉妹)
足摺岬
春日八郎
お別れ公衆電話
松山恵子
三味線姉妹
(こまどり姉妹)
哀愁のからまつ林
島倉千代子
ギターを持った渡り鳥
小林 旭
誰よりも君を愛す
松尾和子
和田 弘とマヒナスターズ
べらんめえ芸者
美空ひばり
北海の終列車
三橋美智也

 

昭和30年 昭和31年 昭和32年 昭和33年 昭和34年