本田路津子

【本田路津子】の歌をyoutubeで検索
本田路津子は、昭和45年(1970)に「秋でもないのに」でデビューしました。カレッジフォークの代表的存在として森山良子と並び活躍しました。昭和46年(1971)には「風がはこぶもの」「家路」がヒットします。また、昭和47年(19721)NHK:TVドラマ「藍より青く」の主題歌である「耳をすましてごらん」が好評でした。
NHK紅白歌合戦には、昭和46年(1971)から2回の連続出場を果たしています(2019年現在)。
その他の代表曲は、「一人の手」「だれかを愛したい」「めぐりあうためには」「この空の下で」「白い花」「手紙」などがあります。

( 昭和24年(1949)1月6日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「秋でもないのに」でデビューした昭和45年(1970)は、よど号ハイジャック事件が起こりました。また、高度成長経済での負の結果というべき光化学スモッグが発生し田子の浦ヘドロ公害も起きました。歩行者天国がスタートし、世相では「ウーマンリブ」が叫ばれたのもこの時代でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
本田路津子のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらか

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和45年 (1970)→ 秋でもないのに  
昭和46年 (1971)→ 風がはこぶもの 家路
  一人の手  
昭和47年 (1972)→ 耳をすましてごらん めぐりあうためには
昭和49年 (1974)→ エレス・トゥー
   “あなたなしでは”
 
     
【その他】    
死んだ男の残したものは 赤色エレジー ケ・サラ
子犬のブルー 戦争は知らない 今日の日はさようなら
     
【聖歌・讃美歌】    
雨をふりそそぎ
(聖歌570番)
すくい主イエスとともに
(聖歌590番)
 
主の祈り 父の涙 君は愛されるため生まれた
ヴィア・ドロローサ 
悲しみの道