森山良子

【森山良子】の歌をyoutubeで検索
森山良子は、昭和42年(1967)「この広い野原いっぱい」でレコードデビューし、昭和44年(1969)、「まごころ」がヒットし日本レコード大賞大衆賞を受賞しました。
また、平成14年(2002)「さとうきび畑」で第44回日本レコード大賞 最優秀歌唱賞を受賞しました。
NHK紅白歌合戦には、昭和44年(1969)からに10回の出場を果たしています(2019年現在)。
代表曲として「ふたつの手の想い出」「愛する人に歌わせないで」「恋はみずいろ」「恋人」「悲しき天使」「禁じられた恋」「歌ってよ夕陽の歌を」「涙そうそう」「悪っぽい人だけど」があります。
また女優としても、テレビドラマでは「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」「おとうさん」「第二楽章」などに出演をしています。

(昭和23年(1948)1月18日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「まごころ」がヒットした昭和44年(1969)は、東大安田講堂での攻防がありました。 また、八重洲地下街がオープンし、松戸市役所での「すぐやる課」が話題になった年でした。海外では、ウッドストック・フェスティバルが開催されました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
森山良子のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和42年 (1967)→ この広い野原いっぱい ふたつの手の想い出
  恋はみずいろ 今日の日はさようなら
昭和43年 (1968)→ 愛する人に歌わせないで 小さな貝がら
  雨あがりのサンバ 悲しき天使
昭和44年 (1969)→ 禁じられた恋 まごころ
  恋人 思い出のグリーングラス
昭和45年 (1970)→ つぶやき しあわせ号出帆
昭和46年 (1971)→ ピープル  
昭和47年 (1972)→ 美しい星  
昭和49年 (1974)→ ある日の午後  
昭和50年 (1975)→ 歌ってよ夕陽の歌を  
昭和51年 (1976)→ さよならの夏 ガラス色の午後
昭和53年 (1978)→ 愛の歴史  
昭和54年 (1979)→ いつも通るこの道  
昭和56年 (1981)→ 愛の道標  
昭和58年 (1983)→ セ フィニ〜愛の幕ぎれ  
昭和62年 (1987)→ DANCE-男たちによろしく ひとりが好き

 


平成年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
平成3年 (1991)→ なくしたものをあつめて  
平成4年 (1992)→ 今、思い出してみて  
平成10年 (1998)→ 明日こそ、子供たちが… さとうきび畑
  あなたが好きで  
平成13年 (2001)→ 涙そうそう  
平成15年 (2003)→ 涙そうそう
( 夏川りみ・BEGIN)
 
平成17年 (2005)→ さくら  
平成18年 (2006)→ 30年を2時間半で  
平成19年 (2007)→ パピエ  
平成23年 (2011)→ 6つの来し方行く末  
     
【その他】    
白い色は恋人の色 バス通り裏 秋桜
雪の華 誰もいない海 家族写真
死んだ男の残したものは いい日旅立ち 君が代
聖者が街にやって来る 踊りあかそう 星に願いを
エターナリ― 五木の子守唄 花のように
そっとおやすみ ウィズアウト・ユー 想い出のサンフランシスコ
セプテンバー 恋は永遠に SOMEWHERE ピープル
     
【讃美歌】    
いつくしみ深き
(讃美歌312番)
うるわしの白百合
(讃美歌496番)
アメイジング・グレイス
(讃美歌第2編167番)
主よみもとに近づかん
(讃美歌320番)
みどりも深き
(讃美歌122番)
主に任せよ
(讚美歌 291番)
主よ御手もて引かせ給え
(讃美歌285番)
しずけきいのり
(讃美歌310番)
緑も深き若葉の里
(讃美歌122番)
世のはじめさながらに
(讃美歌444番)