加山雄三

映画スター【加山雄三】の歌をyoutubeで検索。
加山雄三は、昭和35年(1960)「男対男」で銀幕デビューました。昭和36年(1961)からの「若大将シリーズ」で映画・歌共に絶大な人気を得ました。歌手として、昭和36年(1961)「夜の太陽」でデビューします。
NHK紅白歌合戦にも昭和41年(19661)の初出場から17回の出場を果たしました。
代表曲として「君といつまでも」「恋は紅いバラ」「蒼い星くず」「お嫁においで」「夜空を仰いで」「君のために」「ぼくの妹に」「海 その愛」など多々があります。
映画では「若大将シリーズ」「椿三十郎」「赤ひげ」「日本海大海戦」「八甲田山」「零戦燃ゆ」「激動の昭和史 軍閥」など多数の作品に出演しました。

(昭和12年(1937)4月11日 ~ 現在  ※平成2年(2020)4月現在)

「君といつまでも」がヒットした昭和40年(1965)は、日韓基本条約が調印されました。朝永振一郎がノーベル物理学賞を受賞します。スポーツ界では、第1回ドラフト会議が開かれました。また、競馬では、シンザンが史上初の五冠馬となります。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
映画スター:加山雄三のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和36年 (1961)→ 夜の太陽 大学の若大将
昭.和37年 (1962)→ みんな聞いてる青春 日本一の若大将
  一人ぼっちの恋  
昭和40年 (1965)→ 恋は紅いバラ 君が好きだから
  君といつまでも 夜空の星
  ブラック・サンド・ビーチ
(ザ・ランチャーズ)
ヴァイオレット・スカイ
(ザ・ランチャーズ)
昭和41年 (1966)→ 蒼い星くず 夕陽は赤く
  お嫁においで アロハ・レイ
  霧雨の舗道 小さな旅
  夜空を仰いで まだ見ぬ恋人
  俺は海の子 旅人よ
昭和42年 (1967)→ 二人だけの海
(ザ・ワイルド・ワンズ)
愛のすずらん
  君のために 信じてくれよ
  別れたあの人 幻のアマリリア
(ザ・ハプニングス・フォー)
昭和43年 (1968)→ ある日渚に 暗い波
  しのび逢い 何故
  いい娘だから  
昭和44年 (1969)→ 大空の彼方 びっこの仔犬
  ぼくのお嫁さん  
昭和45年 (1970)→ 美しいヴィーナス  
昭和46年 (1971)→ 荒野をもとめて 神様の忘れ物
昭和51年 (1976)→ ぼくの妹に  
昭和52年 (1977)→ 夕映えの恋人 母よ
昭和53年 (1978)→ 冒険者たち フィジーにおいで
  光進丸  
昭和55年 (1980)→ その日海からラプソディ 湯沢旅情
  この愛いつまでも  
昭和56年 (1981)→ 海よ永遠に  
昭和61年 (1998)→ さらばオーシャン ちょっとだけストレンジャー
     
平成4年 (1992)→ オヤジの背中 サライ
平成6年 (1994)→ ブラックサンドビーチ'94  
平成16年 (2004)→ 時を超えて  
平成19年 (2007)→ 星の旅人 勇気のカタチ
〜私を変えてくれたあなたへ〜
平成22年 (2010)→ 座・ロンリーハーツ親父バンド  
平成24年 (2012)→ 逍遙歌〜そぞろ歩けば〜  
平成26年 (2014)→ Dreamer
〜夢に向かって いま〜