和田弘とマヒナ・スターズ

【和田弘とマヒナスターズ】の歌をyoutubeで検索。
和田弘とマヒナスターズは、昭和32年(1957)「東京の人」「哀愁の街に霧が降る」デビューします。
「好きだった」といずれも、三浦洸一鶴田浩二のカバー曲が続きます。
昭和33年(1958)にオリジナル曲「泣かないで」を発表しました。昭和34年(1959)「夜霧の空の終着港」がヒットします。そして昭和35年(1960)松尾和子と共に歌う「誰よりも君を愛す」が第2回日本レコード大賞を受賞しました。因みに、この年の歌唱賞は美空ひばりの「哀愁波止、新人賞は橋幸夫の「潮来笠」でした。
NHK紅白歌合戦には、昭和34年(1959)から9回の連続出場をし、計10回の出場を果たしています。
日本ムード歌謡界を代表するムードコーラスグループです。
他の代表曲として「北上夜曲」「寒い朝」「島のブルース」「お座敷小唄」「愛して愛して愛しちゃったのよ」「ウナ・セラ・ディ東京」などがあります。

活動期間 昭和29年(1954) ~ 平成14年(2002))

「誰よりも君を愛す」がヒットした昭和35年(1960)は、安保抗議のデモ隊が国会包囲し騒然とする中、 岸内閣が新安保条約に調した年でした。浩宮さま(令和天皇)が誕生されます。チリ地震での津波に見舞われもしました。世はだっこちゃんブームとなりました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
和田弘とマヒナスターズのお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります。    
昭和33年 (1958)→ 泣かないで  
昭和34年 (1959)→ 夜霧の空の終着港
(エアーターミナル)
好きだった
  誰よりも君を愛す
(松尾和子)
グッド・ナイト
松尾和子
昭和35年 (1960)→ お百度こいさん  
昭和36年 (1961)→ 北上夜曲(多摩幸子) 惚れたって駄目ヨ
昭和37年 (1962)→ 寒い朝
吉永小百合
夜の子守唄
昭和38年 (1963)→ 島のブルース(三沢あけみ) 虹子の夢
吉永小百合
昭和39年 (1964)→ お座敷小唄
(松尾和子)
ウナ・セラ・ディ東京
  愛してはいけない 可愛いいあの娘
昭和40年 (1965)→ 愛して愛して愛しちゃったのよ
(田代美代子)
涙くんさよなら
昭和41年 (1966)→ サヨナラ札幌 ここがいいのよ(田代美代子)
  銀座ブルース
松尾和子
 
     
【その他】    
和田 弘とマヒナスターズ
オリジナルメンバー スペシャル
コモエスタ赤坂 かえり船
東京の夜はささやく 抱擁 襟裳岬
南国の夜 紅く散る花 (三沢あけみ) ふられ狐
知りすぎたのね 赤坂の夜は更けて 女の意地
タフアフアイ(ハワイアン) 砂に描いたたイニシャル 青い広場の終着駅