加藤登紀子

昭和30~40年代歌謡【加藤登紀子】をyoutubeで検索。
加藤登紀子は、昭和41年(1966)にて「誰も誰も知らない」でデビューし、同年「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞を受賞します。そして、昭和44年(1969)「ひとり寝の子守唄」がヒットし、第11回日本レコード大賞歌唱賞を受賞しました。その後、昭和62年(1987)「百万本のバラ」が大ヒットとなります。NHK紅白歌合戦には昭和46年(1971)3回の出場を果たしました。
その他の代表曲として「知床旅情」「琵琶湖周航の歌」「愛のくらし」「灰色の瞳」「時代おくれの酒場」「この空を飛べたら」などがあります。
また、映画には「居酒屋兆治 」「ハチ公物語 」、テレビドラマでは「お多江さん」「秋日記」などに出演しています。

(昭和18年(1943)1月29日 ~ 現在  ※令和元年(2019)時点)

「ひとり寝の子守唄」がヒットした、昭和44年(1969)は、東大安田講堂での攻防がありました。 また、八重洲地下街がオープンし、松戸市役所での「すぐやる課」が話題になった年でした。海外では、ウッドストック・フェスティバルが開催されました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
加藤登紀子のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和41年 (1966)→ 誰も誰も知らない 赤い風船
昭和42年 (1967)→ ギターをひこう  
昭和43年 (1968)→ 虹をさがそう  
昭和44年 (1969)→ ひとり寝の子守唄  
昭和45年 (1970)→ 帰りたい帰れない 別れの数え唄
  知床旅情  
昭和46年 (1971)→ 少年は街を出る 愛のくらし
昭和47年 (1972)→ 美しき五月のパリ 海からの願い
昭和48年 (1973)→ 風の舟唄  
昭和49年 (1974)→ 灰色の瞳(長谷川きよし)  
昭和50年 (1975)→ 酔いどれ女の流れ唄  
昭和51年 (1976)→ あなたの行く朝  
昭和52年 (1977)→ 時代おくれの酒場  
昭和53年 (1978)→ この空を飛べたら  
昭和54年 (1979)→ 生きてりゃいいさ 燃えろジングルベル(河島英五)
昭和55年  (1980)→ あなたに捧げる歌  
昭和57年 (1981)→ 寝た子を起こす子守唄  
昭和61年 (1986)→ 海辺の旅 陽ざしの中で
昭和62年 (1987)→ 百万本のバラ  
昭和63年 (1988)→ LOVE LOVE LOVE  
     
平成4年 (1992)→ さくらんぼの実る頃 早春賦
平成6年 (1994)→  
平成19年  (2007)→ 愛の讃歌  
平成23年 (2011)→ パーマ屋ゆんた  
平成25年 (2013)→ 過ぎし日のラブレター  
     
【その他】    
時には昔の話を 誰も誰も知らない 歌 戦争は知らない
黒の舟唄 ゴンドラの唄 酒は大関こころいき
日本寮歌集 バラ色の人生 終りなき旅
愛燦燦 北帰行 花はどこへ行った
ギタリスタ 越冬つばめ 星影のワルツ
千昌夫
難破船