伊東ゆかり

昭和30~40年代歌謡【伊東ゆかり】をyoutubeで検索。
伊東ゆかりは、昭和33年(1958)に「クワイ河マーチ」でデビューしました。昭和42年(1967)「小指の想い出」がヒットし世に知られる事となります。
その後、昭和48年(1968)「恋のしずく」などがヒットしました。昭和49年(1969)には、第20回NHK紅白歌合戦の紅組司会を務めました。
中尾ミエ、園まりと三人で 「スパーク3人娘」 を結成し、歌謡、ポップス、スタンダードで活躍しました。音楽バラエティ番組である日本テレビ放送の「シャボン玉ホリデー」人気を得ました。
昭和40年(1965)第15回サンレモ音楽祭(イタリア)に出場し、「恋する瞳」が3位に入賞しました。
所謂60年代ポップスの時代の歌が多くあります。
その他の代表曲として「ロコ・モーション」「 ネイビー・ブルー」「愛は限りなく」「ボーイ・ハント」「渚のデイト」「誰も知らない 」など多数があります。
紅白歌合戦にも11回出場しています。

昭和22年(1947)4月6日 ~ 現在  ※令和元年(2019)11月時点

「小指の想い出」がヒットした昭和48年(1968)は、変動相場制がスタートしました。金大中氏の拉致事件が起きたのもこの年です。
第4次中東戦争が勃発し、第1次オイルショックとなりました。
また、競馬ではハイセイコーが10連勝達成し、巨人軍が9連覇を達成した年でした。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
伊東ゆかりのお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

伊東ゆかり【ポップス カバー偏】


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
【歌謡偏】    
昭和40年 (1965)→ すてきなカプチーナ  
昭和42年 (1967)→ 小指の想い出 あの人の足音
昭和43年 (1968)→ 恋のしずく 朝のくちづけ
昭和44年 (1969)→ 知らなかったの 朝を返して
  青空のゆくえ  
昭和45年 (1970)→ 裸足の恋 結婚
  瞳の中から さすらい
昭和46年 (1971)→ 信頼 誰も知らない
昭和47年 (1972)→ 陽はまた昇る
  朝が来たら  
昭和48年 (1973)→ あの人の足音  
昭和51年 (1976)→ わかれ雪  
昭和53年 (1978)→ あなたの隣りに  
昭和54年 (1979)→ エンドレス  
昭和55年 (1980)→ もう一度  
昭和64年 (1989)→ セレナーデ  
     
平成3年 (1991)→ もう誰も愛さない  
平成4年 (1992)→ 愛は限りなく  
平成6年 (1994)→ 明日、めぐり逢い  
平成13年 (2001)→ かんにんしてや  

 

 

                                               
【ポップス カバー偏】    
昭和33年 (1958)→ クワイ河マーチ  
昭和34年 (1959)→ オールド・ブラック・ジョー  
昭和36年 (1961)→ ポケットトランジスター  
昭和37年 (1962)→ すてきな16才 ヴァケイション
  コーヒー・デイト 悲しきクラウン
  大人になりたい ロコ・モーション
昭和38年 (1963)→ 渚のデイト 恋の売り込み
昭和39年 (1964)→ 夢みる想い ネイビー・ブルー
  ドミニク ポエトリー
  あたしのベイビー シャングリラ
昭和40年 (1965)→ 砂に消えた涙 ナポリは恋人
  花の落ちる時 恋する瞳
  花咲く丘に涙して アモーレ・スクダーミ
昭和41年 (1966)→ マリソルの初恋 花のささやき
  そよ風に乗って ふるえて眠れ
  イエスタディ  
昭和45年 (1970)→ トゥ・ヤング イパネマの娘
  モナリザ  
     
【その他】    
ふたりの小舟 秋のジャスミン・ティー 五月のバラ
空に星があるように マティーニともだち 宿命の祈り
幸せの黄色いリボン ボーイ・ハント あなたしか見えない
ボサノバに泣いている カラーに口紅 ブルーライト・ヨコハマ
テネシー・ワルツ 枯葉 花ぐもり
夜のさざなみ 愛の奇跡 ムーン・リバー
いそしぎ 慕情 マイウェイ
シクラメンのかほり To You Sweetheart Aloha 涙のワルツ
コニーフランシスメドレー Hawaiian Paradise ザ・ビート・ゴーズ・オン
シャツのボタン スマイル ブルーハワイ
シャンペン&ワイン 愛鍵