椎名林檎

【椎名林檎】の歌をyoutubeで検索。
椎名林檎は、平成10年(1998)シングル「幸福論」でデビューし「歌舞伎町の女王」で話題となりました。平成11年(1999)シングル「ここでキスして。」「本能」、アルバム「無罪モラトリアム」がヒットします。
そして、平成12年(2000)「勝訴ストリップ」が大ヒットします。
その後も、平成16年(2004)には、ロックバンド「東京事変」としての活動を開始します。
NHK紅白歌合戦には、平成23年(2011)から7回の出場を果たしています(2019年現在)。
その他の代表曲は、「ギブス」「罪と罰」「真夜中は純潔」「りんごのうた」「この世の限り」「カーネーション」「至上の人生」「長く短い祭」などがあります。

( 昭和53年(1978)11月25日 ~ 現在  ※令和2年1月(2020)現在))

「幸福論」でデビューした平成10年(1998)は、郵便番号の7桁化が実施されました。明石海峡大橋が開通します。NTTドコモが上場しました。
スポーツでは、長野冬季五輪が開催され、若貴、初の兄弟横綱誕生したのもこの年です。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
椎名林檎のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから     平成年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
平成10年 (1998)→ 幸福論 歌舞伎町の女王
  時が暴走する  
平成11年 (1999)→ ここでキスして。 本能
  丸ノ内サディスティック 眩暈
  正しい街 積み木遊び
  シドと白昼夢 同じ夜
  茜さす 帰路照らされど.. 青空
  警告  
平成12年 (2000)→ ギブス 虚言症
  罪と罰 少女ロボット
  メロウ Σ
  浴室 依存症
  石膏 ストイシズム
  月に負け犬  
平成13年 (2001)→ 真夜中は純潔 愛妻家の朝食
平成14年 (2002)→ 翳りゆく部屋 玉葱のハッピーソング
平成15年 (2003)→ 茎 (STEM)〜大名遊ビ編〜 加爾基 精液 栗ノ花
  りんごのうた 葬列
  やっつけ仕事 映日紅の花
  迷彩 意識
  ポルターガイスト おこのみで
  とりこし苦労  
平成16年 (2004)→ 群青日和 御祭騒ぎ
  遭難  
平成17年 (2005)→ 落日  
平成18年 (2006)→ ブラックアウト 化粧直し
平成19年 (2007)→ この世の限り 閃光少女
  ギャンブル 錯乱
  カリソメ乙女  
平成21年 (2009)→ ありあまる富 流行
  労働者 マヤカシ優男
  密偵物語
  都合のいい身体 MY FOOLISH HEART
  二人ぼっち時間  
平成23年 (2011)→ カーネーション 人生は思い通り
  女の子は誰でも 天国へようこそ
平成25年 (2013)→ いろはにほへと 孤独のあかつき
  すべりだい 熱愛発覚中
  殺し屋危機一髪 IT WAS YOU
  車屋さん  
平成26年 (2014)→ NIPPON ちちんぷいぷい
  青春の瞬き カプチーノ
  traveling
  赤道を越えたら JL005便で
  自由へ道連れ ありきたりな女
  孤独のあかつき  
  走れゎナンバー 望遠鏡の外の景色
  逆さに数えて 静かなる逆襲
  決定的三分間 いろはにほへと
  真夏の脱獄者 プライベイト
  雨傘  
平成27年 (2015)→ 至上の人生 長く短い祭
  神様、仏様 月夜の肖像
平成29年 (2017)→ 暗夜の心中立て 美味しい季節
  人生は夢だらけ おとなの掟