荒木一郎

【荒木一郎】の歌をyoutubeで検索
荒木一郎は、昭和41年(1966)ラジオ番組「星に唄おう」の主題歌である「空に星があるように」でデビューし第8回日本レコード大賞新人賞を受賞しました。昭和42年(1967)には、「いとしのマックス 〜マックス・ア・ゴー・ゴー〜‎」がヒットし、同年のNHK紅白歌合戦に出場を果たしています。
代表曲として「今夜は踊ろう」「梅の実」「ひとりの時も」「マックスへの手紙」「今日にさよなら」などがあります。
また俳優としても、映画「風と樹と空と」「脱出」、テレビドラマでは「バス通り裏」「七人の刑事」「特別機動捜査隊」「虹の設計」「木枯らし紋次郎」「たとえば、愛」などに出演をしています。

(昭和19年(1944)1月8日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「空に星があるように」がヒットした昭和41年(1966)は、ザ・ビートルズが来日しました。カラーテレビ・カー・クーラーが「新3種の神器」などといわれた時代でした。「原宿族」なるものが現れた年でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
荒木一郎のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和41年 (1966)→ 空に星があるように 夕焼けの丘
  今夜は踊ろう あなたといるだけで
  梅の実  
昭和42年 (1967)→ 紅の渚 いとしのマックス
〜マックス・ア・ゴー・ゴー〜‎
  美わしのシンデレラ ひとりの時も
吉永小百合
  こんなに愛しているのに 君に捧げん
  Blue Letter 水色の星
昭和43年 (1968)→ 朝まで待とう めぐり逢い
  マックスへの手紙 ヤキリンゴの唄
  ジャニーの花
  あなたに寄せて  
昭和44年 (1969)→ ごめんね一人にして 淋しげな真珠
昭和46年 (1971)→ 涙の風景  
昭和49年 (1974)→ 潮騒の街 ラスト・テーマ
  朝は暗いままで あなたのいない夜
  シェルビー 都会・午前四時
  秋のバラード MIOのテーマ
  明日から たった一枚の葉書
昭和50年 (1975)→ 君に捧げるほろ苦いブルース ジャニスを聴きながら
  6月 荒木一郎の恋歌
昭和51年 (1976)→ 今日にさよなら 西陽のあたる部屋
  懐かしのキャシィ・ブラウン 別れ模様
昭和52年 (1977)→ 俺の呼び名はロンリー・ボーイ まわり舞台の上で
  ビッグ・ボーイの子守唄  
昭和53年 (1978)→ 想い出はガラクタみたいに 灯りを消して
昭和55年 (1980)→ くちぐせ 虫けら
  花病棟  
昭和56年 (1981)→ Midnight Blues 果てしなき闇の彼方に
  Big Birdを待たないで 愛の終止符
  悲しみ色のクレパス  
昭和58年 (1983)→ 妖精の詩 バイバイ子守唄