いしだあゆみ

昭和30~40年代歌謡【いしだあゆみ】をyoutubeで検索。
いしだあゆみは、昭和39年(1964)に「ネェ、聞いてよママ」でデビューします。
そして、昭和44年(1969)「ブルー・ライト・ヨコハマ」が大ヒットしました。
昭和39年(1964)テレビドラマにも「七人の孫」にも出演すなどしました。
その他の代表曲として「あなたならどうする」「何があなたをそうさせた」「砂漠のような東京で」「喧嘩のあとでくちづけを」「今日からあなたと」などのヒット曲があります。
昭和54年(1979)頃より女優に目指します。
映画では昭和52年(1977)に「青春の門 自立編」、昭和61年(1986)に「火宅の人」など多数のど出演をしました。
「青春の門 自立編」では、報知映画賞助演女優賞を受賞しています。
またテレビドラマでも、「北の国から」「金曜日の妻たちへ」を代表に、「新・座頭市」「阿修羅のごとく」「春よ、来い」「氷点」など多数のど出演をしました。

昭和23年(1948)3月26日 ~  現在  ※令和元年(2019)11月時点

「ブルー・ライト・ヨコハマ」がヒットした昭和44年(1969)は、東大安田講堂での攻防がありました。 八重洲地下街がオープンし、松戸市役所での「すぐやる課」が話題になった年でした。
海外では、ウッドストック・フェスティバルが開催されました。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
いしだあゆみ のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和39年 (1964)→ ネェ、聞いてよママ サチオ君
  誰だって一人じゃない ブーベの恋人
  東京の夜は更けて サミーのマーチ
昭和40年 (1965)→ みどりの乙女 アッちゃん
  わたしのことだけ 若い野ばら
  ガムとチョコ  
昭和41年 (1966)→ 夢みる17才 さいはての湖
  パイナップル・ラブ  
昭和42年 (1969)→ 黄色いハンカチ 恋のシャドー
  こまらせたいの  
昭和43年 (1968)→ 小雨の思い出 太陽は泣いている
  ふたりだけの城 ブルー・ライト・ヨコハマ
  夢でいいから  
昭和44年 (1969)→ 涙の中を歩いてる 今日からあなたと
  喧嘩のあとでくちづけを  
昭和45年 (1970)→ あなたならどうする 昨日のおんな
  何があなたをそうさせた  
昭和46年 (1971)→ 止めないで 砂漠のような東京で
  おもいでの長崎  
昭和47年 (1971)→ 生まれかわれるものならば  
昭和48年 (1973)→ 愛愁 渚にて
  愛の氷河  
昭和49年 (1974)→ 幸せだったわありがとう 恋は初恋
  美しい別れ  
昭和50年 (1975)→ 待ちわびても 時には一人で
昭和51年 (1976)→ とまどい  
昭和52年 (1977)→ ちょっと淋しい春ですね 港・坂道・異人館
昭和53年 (1978)→ 今夜は星空 大阪の女(ひと)
昭和61年 (1986)→ わかれ道
渡哲也