佐良直美

昭和30~40年代歌謡【佐良直美】をyoutubeで検索。
佐良直美は、昭和42年(1967)に「世界は二人のために」でデビューし大ヒットし第9回日本レコード大賞新人賞を受賞しました。
そして、昭和42年(1969)「いいじゃないの幸せならば」が大ヒットし第11回日本レコード大賞を受賞しました。女性歌手がて日本レコード大賞の【新人賞・大賞】を受賞したのは、史上初の快挙でした。
その他の代表曲として「すてきなファーニー」「ひとり旅」「愛の消しゴム」「いのちの木陰」などがあります。
バラエティー番組への出演やテレビ番組の司会などの他、女優としても活躍します。
特にNHK紅白歌合戦では歌手でのみならず、紅組司会者として通算5回を担当しました。

昭和20年(1945)1月10日 ~  現在  ※令和元年(2019)11月時点

「世界は二人のために」がヒットした昭和42年(1967)は、ミニスカートの女王ツィッギー来日しました。 東京都では、美濃部革新都知事が誕生した年でした。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
佐良直美のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和42年 (1967)→ 世界は二人のために 私の好きなもの
昭和43年 (1968)→ すてきなファーニー お世話になりますダイヤルさん
昭和44年 (1969)→ いいじゃないの幸せならば  
昭和45年 (1970)→ 二十一世紀音頭 塩・ローソク・シャボン
昭和46年 (1971)→ あいつとあの娘 肝っ玉かあさん
  生きてるって素晴らしい  
昭和51年 (1976)→ ひとり旅  
昭和52年 (1977)→ フラワー・フェスティバル  
     
【その他】    
オー・シャンゼリゼ アモーレ・ミオ Wichita Lineman
ナオミの夢