坂本スミ子

昭和30~40年代歌謡【坂本スミ子】をyoutubeで検索。
坂本スミ子は、ラテン歌手としてデビューをしますが世に出る事は出来ませんでした。
トリオ・ロス・パンチョスの日本公演の際、アイ・ジョージと前座歌手を務めた事で名が知れ<ラテンの女王>として人気歌手となりました。
NHK紅白歌合戦には、昭和35年(1961)から5回連続で出場を果たしました。昭和46年(1971)に「夜が明けて」のヒットでカンバックします。
代表曲として「ベサメ・ムーチョ」「キエン・セラ」「コパカバーナ」「ウナ・セラ・ディ東京」「たそがれの御堂筋」などがあります。
映画女優としても昭和38年(1963)に「昭和侠客伝」の他、「楢山節考」「赤い橋の下のぬるい水」などに出演をしました。テレビでも「コメットさん」「道頓堀」「白い巨塔」などに出演をしました。
また、ミュージカルの「キャバレー」では、昭和57年(1982)に文化庁芸術祭優秀賞を受賞しました。

(昭和11年(1936)11月1日 ~ 現在  ※令和元年(2019)時点)

「夜が明けて」がヒットした昭和46年(1971)は、沖縄返還協定が調印された年でした。また、横綱大鵬が引退もしました。マクドナルドの銀座1号店が開店したのもこの年のことでした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
坂本スミ子のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和46年 (1971)→ 夜が明けて  
     
【その他】    
エル・クンバンチェロ ベサメ・ムーチョ 夢で逢いましょう
たそがれの御堂筋 ウナ・セラ・ディ東京 オーララ・オーサカ
60 /70年代デナーショー リンゴ追分