岡晴夫

昭和20年代歌謡【岡晴夫】をyoutubeで便利に検索。
岡晴夫は、「東京の花売娘」「啼くな小鳩よ」「憧れのハワイ航路」などヒット曲をとばしました。昭和20年代を代表するスター歌手ですね。
(1916年〈大正5年〉1月12日 ~ 1970年〈昭和45年〉5月19日)

「東京の花売娘」が発表された昭和21年は、第1次吉田内閣の発足、日本国憲法の公布、シベリア抑留者の帰還第1船などの出来事のあった年でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
岡晴夫のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和14年  国境の春 上海の花売娘
港シャンソン 今日も勝ったぞ  
昭和15年 → 広東の花売娘 南京の花売娘
昭和16年  パラオ恋しや 花の広東航路
昭和21年 → ニュー・トーキョー・ソング 東京の花売娘
青春のパラダイス 昭和22年 → 啼くな小鳩よ
港に赤い灯が点る 東京シャンソン  
昭和23年  男一匹の唄 憧れのハワイ航路
昭和24年 → 港ヨコハマ花売娘 東京の空青い空
街の波止場 グッドバイ東京 男の涙(夜の裏町)
グッドバイ東京 涙の小花 旅笠街道
アンコ可愛いや マドロスの唄  
昭和25年  男の人生  
長崎の花売娘 昭和26年  船は港にいつ帰る
小鳩椿 伊豆は湯の町  
昭和28年  → 道頓堀の花売娘 港のエトランゼ
昭和29年  → 幸福はあの空から 抱き寝の長脇差
途中下車 昭和30年  → 逢いたかったぜ