ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

【ジャッキー吉川とブルー・コメッツ】の歌をyoutubeで検索。
ジャッキー吉川とブルー・コメッツは昭和32年(1957)結成され、昭和34年(1959)一度解散します。昭和39年(1964)に全盛期のメンバーが揃い、昭和41年(1966)デビュー曲の「青い瞳」がヒットしました。
高い音楽性を評価され、GS時代を代表するたバンドでした。ビートルズの日本公演の際、前座としても出演しています。
そして、昭和42年(1967)「ブルー・シャトウ」で第9回日本レコード大賞を受賞します。
NHK紅白歌合戦には、単独として昭和41年(1966)から3回連続の出場を果たしました。
他の代表曲として「青い渚」「何処へ」「真赤な太陽」「北国の二人」 「草原の輝き」などがあります。

活動期間 昭和32年(1957) ~ 現在  令和元年(2019)12月現在)

「ブルー・シャトウ」が大ヒットした昭和42年(1967)は、ミニスカートの女王ツィッギー来日しました。東京都では、美濃部革新都知事が誕生した年でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
グループサウンズ:ジャッキー吉川とブルー・コメッツのお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。

 

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和41年 (1966)→ 青い瞳(英語) 青い彗星
青い瞳(日本語) マリナによせて
  青い渚 星に祈りを
  何処へ センチメンタル・シティ
  ブルー・シャトウ 甘いお話
昭和42年 (1967)→ マリアの泉 白い恋人
  北国の二人 銀色の波
昭和43年 (1968)→ こころの虹 すみれ色の涙
  白鳥の歌 雨の舗道
  草原の輝き マイ・サマー・ガール
  さよならのあとで 雨の赤坂
昭和44年 (1969)→ 涙の糸 海辺の石段
昭和45年 (1970)→ 泣きながら恋をして むらさき日記
昭和46年 (1971)→ 雨の賛美歌 虹と雪のバラード
昭和47年 (1972)→ 雨の朝の少女  
昭和48年 (1973)→ 哀しい少女 シンデレラ