曽根史郎

昭和30年代歌謡【曽根史朗】をyoutubeで検索。
曽根史朗は、昭和29年(1954)に「雪之丞変化の唄」でデビューしました。そして代表曲「若いお巡りさん」が大ヒットして人気歌手となります。昭和31年(1956)「若いお巡りさん」は、同年に映画化もされ出演しました。
その後「花のロマンス航路」「若いサラリーマン」「初めての出航」「赤胴鈴之助」などヒットさせました。現在(平成31年3月現在)も現役で歌手活動を続けています。
(昭和5年(1930)3月1日 ~ 現在  ※令和元年11月現在)

「若いお巡りさん」が大ヒットした昭和29年(1954)は、二重橋事件、第五福竜丸が被爆した出来事がありました。そして、防衛庁、自衛隊が発足した時代でした。
また、 マリリン・モンローとジョー・ディマジオが新婚旅行で来日した年でした。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
曽根史朗のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和29 (1954)→ 雪之上変化の唄  
昭和30年 (1955)→ 花のロマンス航路 若い職長さん
  雨とひとり者 ああ東京の灯が恋し
  マドロス兄弟
三浦洸一
淡路の千鳥
  街の酒場で 雨とひとり者
昭和31年 (1956)→ 天城悲歌 夕焼け地蔵さん
  若いお巡りさん 湯の街ギタ
  遠い小島の港から 村の駅にも靑春がある
  ちょいと見てくれ  
昭和32年 (1957)→ 若いサラリーマン ジョッキで乾杯
  帰る故郷もない俺さ 赤胴鈴之助
  看板娘の花子さん 初めての出航
  トコ、とんかつさん  
昭和33年 (1958)→ 大阪まつり(藤本二三代)  
     
【その他】    
銀座の街角で 眠れ戦友 君慕う歌 (野村雪子)
いでゆの町よ、さようなら 噫中村大尉 月に故郷を想い出す
緑のゴルフ場(中原葉子) 小雨の終着駅 鷗なく港
都会の谷間