吉永小百合

映画スター【吉永小百合】の歌をyoutubeで検索。
吉永小百合は、昭和34年(1959)「朝を呼ぶ口笛」で銀幕デビューししました。
歌手としては、昭和37年(1962)橋幸夫とのデュエット「寒い朝」でデビューし大ヒットします。
日活を代表する清純派女優として活躍し、ファンは、「サユリスト」といわれ絶大な人気を得ます。
NHK紅白歌合戦には、昭和37年(1962)から5回の連続出場をしています。
代表曲として「いつでも夢を」「伊豆の踊り子」「愛と死のテーマ」「明日は咲こう花咲こう」「ねむの木の子守唄」「勇気あるもの」「夢千代日記(夢の中から)」「天満橋から」があります。
映画では「若い人」「青い山脈」「若い東京の屋根の下」「うず潮」「男はつらいよ者」「動乱」「長崎ぶらぶら節」など多数の作品に出演しました。またテレビでもNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」「風と雲と虹と」をはじめ「夢千代日記」「新・座頭市察」「愛ある限り」「海は甦える」など多数に出演しています。

(昭和20年(1945)3月13日 ~ 現在  ※平成元年(2020)4月現在)

「寒い朝」がヒットした昭和37年(1962)は、国産旅客機YS-11が初飛行し、首都高速道路1号線が開通しました。また、若戸大橋が開通したのもこの年でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
映画スター:吉永小百合のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和37年 (1962)→ いつでも夢を
橋幸夫
寒い朝
  草を刈る娘 人の知らない花
  あすの花嫁  
昭和38年 (1963)→ 伊豆の踊子 花だより
  若い東京の屋根の下
橋幸夫
泥だらけの純情
  虹子の夢 雨の中に消えて
昭和39年 (1964)→ 恋人たち 光る海
  風と樹と空と この夕空の下に
  瀬戸のうず潮 乙女の旅愁
  そこは青い空だった
(橋幸夫)
うどんの唄(ロイヤル・ナイツ)
  愛と死のテーマ 若い二人
昭和40年 (1965)→ キューポラのある街 明日は咲こう花咲こう
三田明
  愛のしあわせ
橋幸夫
 
昭和41年 (1966)→ 勇気あるもの ねむの木の子守歌
  夢みる港
橋幸夫
小百合の花詩集
  風車のある街  
昭和42年 (1967)→ 恋の歓び 恋人たち(トニーズ)
昭和43年 (1968)→ 坂道のクラブ 夕陽のマリア
  わたしの歩く道  
昭和44年 (1969)→ 風の中を行く 野麦峠
昭和59年 (1984)→ 夢の中から ~夢千代日記~  
昭和62年 (1987)→ 奈良の春日野 天満橋から
     
【その他】    
夢さぐり ~天国の駅~ こんなに愛しているのに 若い歌声
橋幸夫
川は流れる この風は こんにちわ20才