村田英雄

昭和30年代歌謡【村田英雄】をyoutubeで検索。
村田英雄は、元浪曲師で酒井雲坊と称しました。
昭和30年(1955年)に「無法松の一生」でデビューします。「人生劇場」がヒットし昭和36年(1961年)の「王将」が大ヒットとなり時代の人気歌手となります。その他代表曲として「柔道一代」「皆の衆」「男の土俵」「人生峠」「祝い節」「夫婦酒」などがあります。
昭和34年(1988年)には、昭和30年代歌謡界をリードしてきた三橋美智也、春日八郎と「三人の会」を結成し活躍しました。
また俳優として、「人生劇場 飛車角」「兄弟仁義」など鶴田浩二・高倉健などとの競演した任侠映画や「柔道一代」「王将」など多数の出演をし味のある渋いのある演技で活躍しました。
同様に浪曲師出身の三波春夫とライバル同士と語られ活躍をした、多くの曲を世に出した昭和の浪曲・演歌・歌謡を代表する歌手で俳優でもありました。
平成16年(2004)に佐賀県唐津市に「村田英雄記念館」が設立されています。
(昭和4年(1929)1月17日 ~平成14年(2002)6月13日)

「王将」が大ヒットした昭和36年(1961年)は、 第2室戸台風に見舞われた年でした。また巨人が6年ぶりに日本一となりました。。
海外ではソ連が人類初の有人宇宙飛行に成功した年でした。宇宙飛行士ユーリ・A・ガガーリンが「地球は青かった」と語った言葉が世界中に伝わりました。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
村田英雄のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和33 (1958)→ 無法松の一生(度胸千両入り)  
昭和34年 (1959)→ つばくろ一座 蟹工船
  人生劇場  
昭和35年 (1960)→ 日本よいとこ  
昭和36年 (1961)→ 侍ニッポン 王将
昭和38年 (1963)→ 柔道一代 姿三四郎
昭和39年 (1964)→ 皆の衆 花と竜
  男の土俵  
昭和40年 (1965)→ 宮本武蔵  
昭和42年 (1967)→ 夫婦春秋  
昭和54年 (1979)→ 人生峠  
昭和62年 (1987)→ 男の花吹雪  
昭和64年 (1989)→ 俺が村田だ  
     
平成2年 (1989)→ 山頭火  
平成12年 (2000)→ 芝居小屋  
     
【その他】    
哀愁列車 お富さん
春日八郎三橋美智也
義士の本懐
三波春夫
九州男児 音更音頭
島倉千代子
新津松坂