赤木圭一郎

映画スター【赤木圭一郎】の歌をyoutubeで検索。
赤木圭一郎は、昭和33年(1958)「紅の翼」で銀幕デビューしました。ハンサムな風貌で「和製ジェームズ・ディーン」とも称され<トニー>の愛称で人気を得ます。
歌手として、昭和35年(1960)映画「霧笛が俺を呼んでいる」の主題歌がヒットしました。しかし、昭和36年(1961)に交通事故により21歳で世を去る事となり惜しまれました。
その他代表曲として「男の怒りをぶちまけろ」「黒い霧の町」「激流に生きる男」「俺の血が騷ぐ」などがあります。
映画では「素っ裸の年令」「拳銃無頼帖」「幌馬車は行く」「激流に生きる男」「俺の血が騷ぐ」などの作品で活躍しました。

(昭和14年(1939)12月28日 ~ 昭和36年(1961)7月17日)

「霧笛が俺を呼んでいる」「がヒットした昭和35年(1960)は、安保抗議のデモ隊が国会包囲し騒然とする中、 岸内閣が新安保条約に調した年でした。
浩宮さま(令和天皇)が誕生されます。チリ地震での津波に見舞われもしました。世はだっこちゃんブームとなりました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
映画スター:赤木圭一郎のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
※年代に誤差の場合があります。    
昭和35年 (1960)→ 霧笛が俺を呼んでいる 男の怒りをぶちまけろ
  黒い霧の町 ふたりの渚
昭和36年 (1961)→ 俺の血が騷ぐ 海の情事に賭けろ
     
【その他】    
激流に生きる男 野郎泣くねえ! 追憶〔おもいで〕
明日なき男 流転 旅路
今日限りの恋 俺にまかせろ