アイ・ジョージ

昭和30~40年代歌謡【アイ・ジョージ】をyoutubeで検索。
芸名をアイ・ジョージとしては、昭和34年(1959)にデビューしました。トリオ・ロス・パンチョスの日本公演の前座歌手として評判を得て世に出ました。
NHK紅白歌合戦には、昭和34年(1960)から12回連続で出場を果たしました。
また昭和38年(1963)には、日本人で初めてのカーネギー・ホールでの公演を果たしました。
代表曲として「ラ・マラゲーニャ」「硝子のジョニー」「聖者の行進」「赤いグラス」「世界の約束」などがあります。

(昭和8年(1933)9月27日 ~ 現在  ※令和元年(2019)12月時点)

「硝子のジョニー」が大ヒットした昭和33年(1961)は、黒四ダムが完成し日本で初の高速自動車国道である名神高速道路が開業しました。また、伊藤博文の新千円札が発行されました。 歌謡界では、坂本九の「上を向いてあるこう」が「スキヤキ」として米で大ヒットしました。また、大鵬が史上初の6場所連続の優勝を果たした年でもあります。海外では、ソビエト連邦の宇宙飛行士のテレシコワが、ボストーク6号に搭乗し、女性として世界初の宇宙に出ました。「私はカモメ」の言葉を残しました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
アイ・ジョージのお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

                                               
昭和36年  (1961)→ 硝子のジョニー  
昭和40年 (1965)→ 赤いグラス(志摩 ちなみ)  
     
【その他】    
ラ・マラゲーニャ ク・ク・ル・ク・ク・パロマ ダニー・ボーイ
自由通りの午後 キエンセラ 人を恋ふる歌
蒙古放浪記 ロング・ロング・アゴー 青年日本の歌(昭和維新の歌)
これぞ恋 トゥナイト・ツイスト カミング・スル・ザ・ライ