昭和35年 ~ 昭和39年の流行歌

【昭和年~年迄の時代の流行歌を年代別にyoutubeで検索】
世は、昭和29年(1954)からの高度成長時代のただなかにありました。
この時代には、西田佐知子橋幸夫坂本九赤木圭一郎、田代みどり、アイ・ジョージ吉永小百合北島三郎弘田三枝子倍賞千恵子井沢八郎、九重佑三子、坂本スミ子舟木一夫三田明岸洋子西郷輝彦都はるみ園まり、水前寺清子などが登場し活躍しました。
歌謡界は黄金期を迎える中「青春歌謡」が流れ、日本での60年代ポップスも流行します。
「アカシアの雨がやむとき」「月の法善寺横丁」「雨に咲く花」「潮来笠」「哀愁波止場」「硝子のジョニー」「銀座の恋の物語」「北上夜曲」「君恋し」「湖愁」「王将」「上を向いて歩こう」「ラストダンスは私に」「いつでも夢を」「遠くへ行きたい」「なみだ船」「哀愁出船」「恋のバカンス」「高校三年生」「見上げてごらん夜の星を」「こんにちは赤ちゃん」「美しい十代」「おんなの宿」「夜明けのうた」「新妻に捧げる歌」「あゝ上野駅」「サン・トワ・マミー」「アンコ椿は恋の花」「何も云わないで」「柔」など今なお歌い繋がれる名曲が残されました。

 

当ページでは、昭和35年~39年迄の時代の流行歌を年代別にYouTube検索できます。
思い出のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。

昭和35年 昭和36年 昭和37年 昭和38年 昭和39年


昭和年代別流行歌はこちらから     平成年代別流行歌はこちらから

 

昭和35年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
赤い夕日が沈む頃
神戸一郎
アンコ悲しや
松山恵子
お吉物語
(天津羽衣)
恋のカクテル
水原 弘
さよなら港
藤島桓夫
島原地方の子守唄
(ペギー葉山)
スタコイ東京
(城 卓矢(菊地正夫名義))
砂山の花
(小川静江)
他国の雨
島倉千代子
ひとみちゃん
神戸一郎
白い小指の歌
島倉千代子
夜がわるい
松尾和子
一本刀土俵入り
三波春夫
嫌い嫌い嫌い
松尾和子
心の窓にともし灯を
ザ・ピーナッツ
アカシアの雨がやむとき
西田佐知子
潮来花嫁さん
(花村菊江)
月の法善寺横丁
藤島桓夫
お百度こいさん 
和田 弘とマヒナスターズ
ミヨちゃん
(平尾昌章)
死ぬまで一緒に
西田佐知子
雨に咲く花
(井上ひろし)
潮来笠
橋 幸夫
伊太郎旅唄
橋 幸夫
あれが岬の灯だ
橋 幸夫
悲しき六十才
坂本 九
再会
松尾和子
アキラのズンドコ節
小林 旭
アキラのダンチョネ節
小林 旭
東京へ戻っておいでよ
(守屋 浩)
霧笛が俺を呼んでいる
赤木圭一郎
おけさ唄えば
橋 幸夫
ステキなタイミング
坂本 九
達者でナ
三橋美智也
喧嘩富士
橋 幸夫
東京カチート
フランク永井
哀愁波止場
美空ひばり
木曽ぶし三度笠
橋 幸夫
黒い霧の町
赤木圭一郎
月影のナポリ
(森山加代子)
花の大理石通り
(藤本二三代)
 

 

 

昭和36年 流行歌  ※年代に誤差の場合があります。

                                             
雨の九段坂
三橋美智也
河内音頭鉄砲節
(鉄砲光三郎)
背広姿の渡り鳥
(佐川ミツオ)
その名はフジヤマ
(アントニオ古賀)
はたちの詩集
白根一男
惚れたって駄目よ
和田 弘とマヒナスターズ
有難や節
(守屋 浩)
じんじろげ
(森山加代子)
パイナップル・プリンセス
(田代みどり)
硝子のジョニー
アイ・ジョージ
東京ドドンパ娘
渡辺マリ
磯ぶし源太
橋 幸夫
銀座の恋の物語
石原裕次郎・牧村旬子)
禁じられた恋のボレロ
水原 弘
車屋さん
美空ひばり
黒い傷あとのブルース
小林 旭
おひまなら来てね
(五月みどり)
ソーラン渡り鳥
(こまどり姉妹)
武田節
三橋美智也
南海の美少年
橋 幸夫
襟裳岬
島倉千代子
角兵衛獅子の唄
美空ひばり
北上夜曲
(多摩幸子&
和田 弘とマヒナスターズ
長良川旅情
春日八郎
北海道函館本線
三橋美智也
沓掛時次郎
橋 幸夫
君恋し
フランク永井
青年の樹
三浦洸一
月のエレジー
(守屋 浩)
山のロザリア
(スリーグレイセス)
コーヒー・ルンバ
西田佐知子
湖愁
松島アキラ
石狩川悲歌
三橋美智也
王将
村田英雄
川は流れる
(仲宗根美樹)
十国峠の白い花
島倉千代子
スーダラ節
(ハナ肇と
   クレージーキャッツ)
惜別の唄
小林 旭
刃傷松の廊下
(真山一郎)
北帰行
小林 旭
上を向いて歩こう
坂本 九
恋しているんだもん
島倉千代子
ひばりの渡り鳥だよ
美空ひばり
ラストダンスは私に
越路吹雪
 

 

昭和35年 昭和36年 昭和37年 昭和38年 昭和39年

 

昭和37年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
流れ星だよ
三橋美智也
忘れないさ
北原謙二
江梨子
橋 幸夫
ルイジアナ・ママ
(飯田久彦)
ふりむかないで
ザ・ピーナッツ
寒い朝
吉永小百合
和田弘とマヒナ・スターズ
星屑の町
三橋美智也
若いふたり
北原謙二
中山七里
橋 幸夫
可愛いベイビー
(中尾ミエ)
恋は神代の昔から
(畠山みどり)
ジェニ・ジェニ
(鈴木やすし)
ブンガチャ節
北島三郎
未練ごころ
(こまどり姉妹)
五匹のこぶたとチャールストン
(森山加代子)
ハイそれまでョ
(ハナ肇と
  クレージーキャッツ)
無責任一代男
(ハナ肇と
  クレージーキャッツ)
出世街道
(畠山みどり)
大学かぞえうた
(守屋 浩)
いつでも夢を
橋 幸夫吉永小百合

(ペギー葉山)
遠くへ行きたい
(ジェリー藤尾)
なみだ船
北島三郎
ひばりの佐渡情話
美空ひばり
ラ・ノビア
(ペギー葉山)
赤いハンカチ
石原裕次郎
霧子のタンゴ
フランク永井
ヴァケィション
弘田三枝子
一週間に十日来い
(五月みどり)
下町の太陽
倍賞千恵子
島育ち
田端義夫
おけさ渡り鳥
(こまどり姉妹)
 


昭和年代別流行歌はこちらから     平成年代別流行歌はこちらから

 

昭和38年 流行歌 ※年代に誤差の場合があります。

                                             
男傘
井沢八郎
ちぎれ雲
(高木たかし)
ヘイ・ポーラ
(田辺靖雄・九重佑三子)
別れの入場券
松山恵子
女心の唄
バーブ佐竹
君を慕いて
新川二郎
夢で逢いましょう
坂本スミ子
あの橋の畔で
島倉千代子
エリカの花散るとき
西田佐知子
シェリー
(ダニー飯田と
パラダイス・キング)
柔道一代
村田英雄
姿三四郎
村田英雄
舞妓はん
橋 幸夫
草笛を吹こうよ
(浜田光夫・三条江梨子)
哀愁出船
美空ひばり
恋のバカンス
ザ・ピーナッツ
夜は恋人
(中原美沙緒)
若い東京の屋根の下
橋 幸夫吉永小百合
伊豆の踊子
吉永小百合
おさななじみ
(デューク・エイセス)
高校三年生
舟木一夫
島のブルース
(三沢あけみ)
長崎の女
春日八郎
ホンダラ行進曲
(ハナ肇とクレージーキャッツ)
見上げてごらん夜の星を
坂本 九
ギター仁義
北島三郎
白い制服
橋 幸夫
東京五輪音頭
三波春夫
修学旅行
舟木一夫
夕陽の丘
石原裕次郎・浅丘ルリ子)
美しい十代
三田 明
学園広場
舟木一夫
星空に両手を
島倉千代子・守屋浩)
後追い三味線
榎本美佐江
男船
井沢八郎
こんにちは赤ちゃん
(梓みちよ)
仲間たち
舟木一夫
みんな名もなく貧しいけれど
三田 明
浪曲子守唄
(一節太郎)

 

 

昭和39年 流行歌  ※年代に誤差の場合があります。

                                             
愛してはいけない
和田 弘とマヒナスターズ
男の涙
北島三郎
おんなの宿
(大下八郎)
恋心
岸 洋子
ソーラン仁義
北島三郎
夕日の波止場
(及川三千代)
夜明けのうた
岸 洋子
面影
(三島敏夫)
あゝ青春の胸の血は
舟木一夫
明日があるさ
坂本 九
温泉芸者
(五月みどり)
東京ブルース
西田佐知子
あゝ特別攻撃隊
橋 幸夫
北風
北原謙二
智恵子抄
(二代目コロムビア・ローズ)
君だけを
西郷輝彦
君たちがいて僕がいた
舟木一夫
恋の山手線
小林 旭
国道18号線
フランク永井・松尾和子)
涙の敗戦投手
舟木一夫
新妻に捧げる歌
江利チエミ
若い港
三田 明
男の土俵
村田英雄
涙の酒
(大木伸夫)
チャペルに続く白い道
西郷輝彦
あゝ上野駅
井沢八郎
ウナセラディ東京
ザ・ピーナッツ
俺はお前に弱いんだ
石原裕次郎
二人の星をさがそうよ
(田辺靖雄)
大阪ぐらし
フランク永井
霧の中の少女
(久保 浩)
サン・トワ・マミー
越路吹雪
青春の城下町
(梶 光夫)
星空のあいつ
西郷輝彦
愛と死をみつめて
(青山和子)
悲しき願い
(尾藤イサオ)
皆の衆
村田英雄
お座敷小唄
松尾和子
和田弘とマヒナスターズ)
恋をするなら
橋 幸夫
十七歳のこの胸に
西郷輝彦
東京の灯よいつまでも
新川二郎
ロザリオの島
春日八郎
女学生
(安達 明)
このみち
フランク永井
ゼッケンNo.1スタートだ
橋 幸夫
花と竜
村田英雄
花咲く乙女たち
舟木一夫
アンコ椿は恋の花
都はるみ
君と歌ったアベマリア
西郷輝彦
自動車ショー歌
小林 旭
何も云わないで
園 まり
美しいあした
三田 明
お島千太郎
美空ひばり
チェッチェッチェッ
橋 幸夫

美空ひばり
学生時代
(ペギー葉山)
だまって俺について来い
(ハナ肇とクレージーキャッツ)
涙を抱いた渡り鳥
(水前寺清子)
砂に消えた涙
弘田三枝子
美しい恋人たち
三田 明

 

昭和35年 昭和36年 昭和37年 昭和38年 昭和39年