稲垣潤一

【稲垣潤一】の歌をyoutubeで検索
稲垣潤一は、昭和57年(1982)「雨のリグレット」でデビューし、続く「ドラマティック・レイン」のヒットで人気を獲得しました。その後も、「夏のクラクション」「ロング・バージョン」「メリークリスマスが言えない」「クリスマスキャロルの頃には」「僕ならばここにいる」などがヒットします。
CMソングも多数手掛け、「思い出のビーチクラブ(カナダドライ・ジンジャーエール)」「セブンティ・カラーズ・ガール(カネボウ化粧品)」「APRIL(三洋電機)」などがあります。
NHK紅白歌合戦には、昭和62年(1987)に初出場を果たしています(2019年現在)。
その他の代表曲は、「オーシャン・ブルー」「バチェラー・ガール」「1ダースの言い訳」「君のためにバラードを」「サザンクロス」「心からオネスティー」などがあります。

( 昭和28年(1953)7月9日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「雨のリグレット」「ドラマティック・レイン」がヒットした昭和57年(1982)は、東北新幹線、上越新幹線が開業しました。33人の死者を出した東京都千代田区永田町のホテルニュージャパンの火災があったのもこの年でした。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
稲垣潤一のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和57年 (1982)→ 雨のリグレット 日暮山
  246:3AM ジンで朝まで
  ドラマティック・レイン 蒼い追憶
昭和58年 (1983)→ エスケイプ 男と女
  夏のクラクション シーサイド・ショット
  ロング・バージョン 夏の行方
昭和59年 (1984)→ オーシャン・ブルー あの頃のまま
昭和60年 (1985)→ 優しさが瞳にしみる バチェラー・ガール
  愛は腕の中で  
昭和61年 (1986)→ 1ダースの言い訳 April
昭和62年 (1987)→ 思い出のビーチクラブ TRACES
  君のためにバラードを MOONLIGHT MERMAID
昭和63年 (1988)→ サザンクロス Oh Darling
  1・2・3 September Kiss
昭和64年 (1989)→ Misty Blue 君は知らない
  君に逢いたい午後 1969の片想い
  愛のかたち  

 


平成年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
平成2年 (1990)→ SHINE ON ME YES, SHE CAN
  心からオネスティー いちばん近い他人
  メリークリスマスが言えない Get Back To Myself
平成3年 (1991)→ セカンド・キス リワインド
  さらば愛しき人よ Congratulations
  メリークリスマスが言えない Get Back To Myself
平成4年 (1992)→ あなたがすべて もうひとつの夏
  世界でたったひとりの君に Ms. Joanna
  クリスマスキャロルの頃には 時の岸辺 (New version)
平成5年 (1993)→ 僕ならばここにいる マラソンレース
  彼女はBLOOD TYPE B  
平成6年 (1994)→ キスなら後にして あの夏の風のように
  永遠より長いキス  
平成7年 (1995)→ 語らない 遅れてきたプロローグ
平成8年 (1996)→ 雨の朝と風の夜に 真夏の果てまで
平成9年 (1997)→ STARTING OVER SONGS REMAIN THE SAME
  終わらないLOVE SONG 君がそばにいるだけで
  僕はすべてを手に入れた
平成10年 (1998)→ J's LOVE SONG Bad Dream
  永遠は風のように  
平成11年 (1999)→ 小さな奇蹟 FAIRY
平成12年 (2000)→ 君の瞳はそのままに 愛のスーパー・マジック
  P.S. 抱きしめたい  
平成13年 (2001)→ PRAYER バンジョー・レイン
平成14年 (2002)→ カナリア諸島にて endless chain
〜きみという時の流れよ〜
  プラチナ・アストロノーツ アリノママ
  TOKYO ELEGY 君に出会ってから
  rhymelight  
平成19年 (2007)→ 大人の夏景色  
平成20年 (2008)→ 悲しみがとまらない
小柳ゆき
 
平成21年 (2009)→ クリスマスキャロルの頃には
(広瀬香美)
 
平成23年 (2011)→ 思い出す度 愛おしくなる
(辛島美登里)
unlimited