小林 旭

映画スター【小林 旭】の歌をyoutubeで検索。
小林 旭は、昭和31年(1956)「飢える魂」で銀幕デビューし石原次郎らと日活の黄金時代を築きました。
歌手として、昭和33年(1958)「女を忘れろ」でデビューしヒットします。歌声は<アキラ節>とも云われ人気を得ます。NHK紅白歌合戦にも7回の出場を果たしました。
その他代表曲として「ダイナマイトが百五十屯」「ギターを持った渡り鳥」「自動車ショー歌」「ダンチョネ節」「ズンドコ節」「恋の山手線」「昔の名前で出ています」「ついて来るかい」「熱き心に」「北帰行」「さすらい」「北へ」「夢ん中」など多数のヒット曲があります。
映画では「口笛が流れる港町」「渡り鳥いつまた帰る」「ギター抱えたひとり旅」「不敵なあいつ 」「女の警察」「銀座旋風児」など多数の作品で活躍しました。

(昭和13年(1938)11月3日 ~ 現在  令和2年(2020)4月現在)

「ダンチョネ節」「がヒットした昭和35年(1960)は、安保抗議のデモ隊が国会包囲し騒然とする中、 岸内閣が新安保条約に調した年でした。
浩宮さま(令和天皇)が誕生されます。チリ地震での津波に見舞われもしました。世はだっこちゃんブームとなりました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
映画スター:小林 旭のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和33年 (1958)→ ダイナマイトが百五十屯  
昭和34年 (1959)→ ホロホロ東京 銀座旋風児
  ギターを持った渡り鳥 口笛が流れる港
昭和35年 (1960)→ やくざの詩 ダンチョネ節
  炭鉱もぐら 鹿児島おはら節
  アキラのズンドコ節 アキラの会津磐梯山
  アキラのツーレロ節 さすらい
  アキラのソーラン節 アキラのおてもやん
昭和36年 (1961)→ 太陽はねむっている 黒い傷痕のブルース
  アキラのおいとこ節 恋のチュンガ
  北帰行 惜別の唄
  アキラの奴さん 落日のシャイアン
  サーカスの唄 放浪の唄
昭和37年 (1962)→ アキラでツイスト ツイスト・ナンバー・ワン
  ダヒル・サヨ 流浪の唄
  追憶のブルース  
昭和39年 (1964)→ 恋の山手線 知らん顔
  宇宙旅行の渡り鳥
  ギターかかえたひとり旅 自動車ショー歌
  ほら吹きマドロス 若き旅人
昭和40年 (1965)→ 口笛の凍る町 いろ町小唄
  青春哀歌 恋の挽歌
  男の旅路 蒙古放浪記
  たすけられたり たすけたり 東京カミニート
  赤い流れ星 無国籍者の唄
昭和41年 (1966)→ 送春譜 野球小唄
  雑俳ソング 泣くなさすらい
  旅の灯り  
昭和42年 (1967)→ 落日 放浪のブルース
昭和43年 (1968)→ 月に吠える歌 愛の舟
  恋の世界旅行 身の上ばなし
  泣かせる夜だぜ  
昭和45年 (1970)→ ついて来るかい すたれ者
昭和46年 (1971)→ ごめんね これが愛なのさ
  純子  
昭和47年 (1972)→ 哀歌 オロロン慕情
  麻衣子  
昭和49年 (1974)→ 恋すすき  
昭和50年 (1975)→ 昔の名前で出ています ホームシックブルース
  夕子 ひとり暮らしが淋しくて
昭和51年 (1976)→ 泣いて昔が返るなら  
昭和52年 (1977)→ 北へ さすらいの道
  旅路  
昭和53年 (1978)→ 夢ん中 北海岸
昭和54年 (1979)→ 赤いトラクター 東京銀座は他人町
  おまえに逢いたい  
昭和55年 (1980)→ みだれ雲 望郷編
昭和56年 (1981)→ 思いやり  
昭和57年 (1982)→ お世話になったあの人へ ふるさと帰行
  泣いた数だけ倖せに  
昭和58年 (1983)→ 金鳳花 夢帰行
昭和59年 (1984)→ 星海峡 ゆき子は銀座を離れます
  水たまり  
昭和60年 (1985)→ 熱き心に  
昭和61年 (1986)→ 風の旅人  
昭和64年 (1989)→ ああ旅路  

 

 

                                               
※年代に誤差の場合があります    
平成2年 (1990)→ 雨の石段  
平成3年 (1991)→ 雪散華  
平成7年 (1995)→ 腕に虹だけ  
平成8年 (1996)→ 乾いた花びら  
平成9年 (1997)→ 惚れた女が死んだ夜は  
平成11年 (1999)→ どんでん  
平成13年 (2001)→ 昭和恋唄  
平成14年 (2002)→ 酒挽歌  
平成15年 (2003)→ からす 無常時代
  旅の酒 〜放浪編〜  
平成18年 (2006)→ ショーがないね節  
平成21年 (2009)→ ジダンダ!  
平成22年 (2010)→ 遠き昭和の…  
平成23年 (2011)→ 昭和・露地裏話 かすみ草の詩
平成24年 (2012)→ 昭和・男道  
平成25年 (2013)→ 素晴らしき哉人生  
平成26年 (2014)→ ひとりの女に いとしいとしというこころ
(浅丘ルリ子)
  夢のかたみに  
平成27年 (2015)→ 風の守唄  
平成28年 (2016)→ 時の旅人