坂本九

昭和30年代歌謡【坂本九】をyoutubeで検索。
坂本九は、昭和33年(1958年)に「題名のない唄だけど」でデビューします。日劇ウエスタンカーニバルに出演後にダニー飯田とパラダイス・キング加入で人気を得ました。
そして昭和35年(1960年)に「悲しき六十才」がヒットし、そして翌昭和36年(1961年)に「上を向いて歩こう」日本、海外で大ヒットし、アメリカ「ビルボード誌」で1位を獲得した日本人アーティストとなり世界的に有名になりました。
その他、代表曲として「見上げてごらん夜の星を」「明日があるさ」「幸せなら手をたたこう」「ステキなタイミング」「サヨナラ東京」「ともだち」「涙くんさよなら」「レットキス(ジェンカ)」「世界の国からこんにちは」など多くの楽曲があります。
俳優としても映画では「 上役・下役・ご同役 」「アワモリ君売出す」「若い季節」「クレージー作戦 先手必勝」など多数出演しました。
テレビでは「夢であいましょう」など、ドラマにも「若い季節」「フジ三太郎」「天下御免」など多数出演しました。

(昭和16年(1941)12月10日 ~ 昭和60年(1985)8月12日)

「上を向いて歩こう」がヒットした昭和36年(1961年)は、第2室戸台風に見舞われたした年でした。
また、巨人が6年ぶりの日本一になりました。
海外では、ソ連がボストークにユーリ・ガガーリンを乗せ人類初の有人宇宙飛行に成功し「地球は青かった」とのコメントを残しました。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
坂本九のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和35年 (1960)→ 恋のホームタウン 悲しき六十才(ムスターファ)
  ビキニスタイルのお嬢さん 夢のナポリターナ
  ステキなタイミング 遙かなるアラモ
昭和36年 (1961)→ 砂漠の恋の物語 月夜に歩けば
  上を向いて歩こう あの娘の名前はなんてんかな
  モデル・ガール いつもアイラヴユー
(森山加代子)
  GIブルース  
昭和37年 (1962)→ 花咲く街角 白いラブレター
  カマ・カマ・ベイビー 戦場に陽は落ちて
昭和38年 (1963)→ 九ちゃんのツンツン節 見上げてごらん夜の星を
  オールナイトで踊れたら 九ちゃんの炭坑節
昭和39年 (1964)→ 明日があるさ 君が好き
  夢を育てよう 夜明けの唄
昭和40年 (1965)→ ともだち 明日があるさ
昭和41年 (1966)→ 皆んなで笑いましょ  
昭和60年 (1985)→ 心の瞳