吉田拓郎

【吉田拓郎】の歌をyoutubeで検索
吉田拓郎は、昭和45年(1970)「イメージの詩/マークⅡ」でレコードデビューしました。昭和47年(1972)「結婚しようよ」がヒットします。
そして「旅の宿」のヒットと続き、吉田拓郎の出現はアングラフォーク、カレッジフォークに続く<第三の流れ:ニュー・フォーク>と評価されました。
また作曲家としても、初期には「たどりついたらいつも雨降り(モップス)」、「雪/地下鉄に乗って(猫)」「メランコリー」などを提供しました。他、多くの歌手に「やさしい悪魔」「狼なんか怖くない」など提供しています。
中でも、昭和49年(1974)森進一への「襟裳岬」は、第16回日本レコード大賞を受賞しました。
その他の個人代表曲は、「ある雨の日の情景」「伽草子」「シンシア」「舞姫」「春を待つ手紙」「元気です」「夏休み」「落陽」「男達の詩」など多々があります。

(昭和21年(1946)4月50日 ~ 現在  ※令和2年4月(2020)現在))

「結婚しようよ」がヒットした昭和47年(1972)は、札幌五冬季オリンピックが開催された年です。沖縄が日本に復帰しました。日中国交が正常化し、パンダのカンカン・ランラン来日します。 また、グアムで元日本兵(横井庄一さん)発見され、あさま山荘事件が起きた年です。山陽新幹線が開通しました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
吉田拓郎のお好きな歌を検索されてをお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和45年 (1970)→ イメージの詩 マークⅡ
昭和46年 (1971)→ 青春の詩 とっぽい男のバラード
  今日までそして明日から 夏休み
昭和47年 (1972)→ 結婚しようよ ある雨の日の情景
  旅の宿 おやじの唄
  おきざりにした悲しみは  
昭和48年 (1973)→ 花酔曲 伽草子
  こんなに抱きしめても 金曜日の朝
  子供に  
昭和49年 (1974)→ シンシア 竜飛崎
昭和50年 (1975)→ となりの町のお嬢さん 流れる
昭和51年 (1976)→ 明日に向って走れ ひとり想えば
  たえこMY LOVE チークを踊ろう
昭和52年 (1977)→ もうすぐ帰るよ Voice
  カンパリソーダと
  フライドポテト
 
昭和53年 (1978)→ 舞姫 隠恋慕
昭和54年 (1979)→ 流星 アイランド
  春を待つ手紙 外は白い雪の夜
昭和55年 (1980)→ あの娘といい気分 いつか夜の雨が
  愛の絆を 元気です
  証明  
昭和56年 (1981)→ サマーピープル 二十才のワルツ
  サマータイムブルース
が聴こえる
 
昭和57年 (1982)→ 唇をかみしめて あいつの部屋には男がいる
昭和58年 (1983)→ I'm In Love 旧友再会フォーエバーヤング
  ペニーレインへは行かない  
昭和59年 (1984)→ ふざけんなよ ジャスト・ア・RONIN
昭和64年 (1989)→ 落陽 祭りのあと

 


平成年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
平成2年 (1990)→ 俺を許してくれ 男達の詩
平成3年 (1991)→ 友あり たえなる時に
平成4年 (1992)→ 吉田町の唄  
平成5年 (1993)→ たどり着いたらいつも雨降り 襟裳岬
  純情 5月の風
平成6年 (1994)→ 恩師よ 決断の時
  マスターの独り言  
平成7年 (1995)→ 君のスピードで とんと御無沙汰
平成8年 (1996)→ 遥かなる 今日までそして明日から
平成11年 (1999)→ 僕達のラプソディ 蒼い夏
  気持ちだよ  
平成12年 (2000)→ トワイライト  
平成13年 (2001)→ いくつになっても
     happy birthday
朝陽がサン
平成14年 (2002)→ 家へ帰ろう  
平成15年 (2003)→ ホームラン・ブギ2003 流星2003