島倉千代子

昭和30年代歌謡【島倉千代子】をyoutubeで検索。
島倉千代子は、16歳の昭和30年(1955年)に「この世の花」でデビューし大ヒットとなりました。そして翌昭和31年(1957年)「東京だョおっ母さん」が大ヒットして人気歌手となります。
その後「りんどう峠」「からたち日記」「襟裳岬」「恋しているんだもん」「ほんきかしら」「人生いろいろ」など数多くヒットさせ「お千代さん」の愛称で人気がありました。また、多くの歌手からも慕われました。
映画にも昭和31年(1956)の「東京の人さようなら」「新妻鏡」をはじめ多数出演を果たしています。
美空ひばりに並ぶ昭和を代表する大衆に慕われ人気ある女性歌手でした。
(昭和13年(1938)3月30日 ~ 平成25年(2013)11月8日)

「この世の花」が大ヒットした昭和30年(1955年)は、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫が「3種の神器」などといわれたした時代でした。
政治では自由民主党(自民党)が結成され、海外では「ワルシャワ条約機構結成」されました。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
島倉千代子のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。

 

昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和30 (1955)→ この世の花 りんどう峠
  布良の娘  
昭和31年 (1956)→ 山のけむりよいつまでも 乙女心の十三夜
  東京の人さようなら 東京のお兄さん
昭和32年 (1957)→ 逢いたいなァあの人に 祇園まつり音頭(山形英夫)
  永遠に答えず 東京だョおっ母さん
昭和33年 (1958)→ からたち日記 思い出さん今日は
  甲州縁故節(加藤雅夫) 待ち呆けさん
昭和34年 (1959)→ 夕焼けさん 哀愁のからまつ林
  おもいで日記  
昭和35年 (1960)→ 他国の雨 白い小ゆびの歌
  花散る下田  
昭和36年 (1961)→ 恋しているんだもん 夕月
  十国峠の白い花 襟裳岬
昭和37年 (1962)→ さよならとさよなら 七夕おどり
昭和38年 (1963)→ 武蔵野エレジー 星空に両手を(守屋 浩)
  あの橋の畔で  
昭和39年 (1964)→ ふたりだけの太陽 小鳥が来る街
昭和40年 (1965)→ 新妻鏡  
昭和41年 (1966)→ ほんきかしら 涙の谷間に太陽を
  愛の星空  
昭和42年 (1967)→ ほれているのに  
昭和43年 (1968)→ 愛のさざなみ  
昭和44年 (1969)→ すみだ川  
昭和45年 (1970)→ 音更音頭
村田英雄
 
昭和46年 (1971)→ 竜飛岬  
昭和47年 (1972)→ 津軽の宿  
昭和49年 (1974)→ 流し唄 ミス仙台
昭和50年 (1975)→ 悲しみの宿  
昭和52年 (1977)→ ひろしまの母 京都 北嵯峨 別れ寺
昭和54年 (1979)→ サーシャわが愛  
昭和55年 (1980)→ 女がひとり
江利チエミ
 
昭和56年 (1981)→ 鳳仙花  
昭和57年 (1982)→ ためいき橋  
昭和59年 (1984)→ 夢飾り 母子星
昭和61年 (1986)→ くちべに挽歌  
昭和62年 (1987)→ 浅草メロドラマ 人生いろいろ
  浪花姉妹
石川さゆり
 
昭和64年 (1989)→ ゆずり葉の宿 おんなの一生

 

 

                                               
平成3年 (1991)→ 今日も初恋  
平成5年 (1993)→ 女の夢灯り  
平成6年 (1994)→ 昔も今も…女 あしたになれば
平成7年 (1995)→ あの頃にとどけ 木枯らしのクリスマス
(片岡鶴太郎)
平成8年 (1996)→ 火の酒 ときめきをさがしに
平成10年 (1998)→ 花なら花らしく  
平成12年 (2000)→ 三日月慕情  
平成16年 (2004)→ 風のみち  
平成17年 (2005)→ ちよこまち  
平成18年 (2006)→ それいけGoGo  
平成19年 (2007)→ おかえりなさい あの頃へ
平成22年 (2010)→ 私の小さな幸せの花  
平成24年 (2012)→ 愛するあなたへの手紙  
平成25年 (2013)→ からたちの小径  
     
【その他】    
人生劇場 誰か故郷を想わざる 無法松の一生
越後獅子の唄 九段の母 十三夜 (端唄~深川~)
明治一代女 リンゴの唄 国境の町
雪国 むらさき小唄 夢に故郷を(伊藤久男)
銀座の柳 塩沢小唄 ラインダンス
兄弟仁義 花の女一代 私の小さな幸せの花
川の流れのように (里見浩太朗) 青い潮 大阪のお母さん
土浦小唄 初日の出 宇都宮音頭(中山ひろし)
えじゃないか 高槻おどり 散歩道 都会の天使たち
堀内孝雄
恋椿