舟木一夫

昭和30~40年代歌謡【舟木一夫】をyoutubeで検索。
舟木一夫は、昭和35年(1963年)に「高校三年生」でデビューし大ヒットします。そして同年の第5回日本レコード大賞新人賞を受賞しました。
また、昭和41年(1966年)の「絶唱」では、第8回日本レコード大賞歌唱賞を受賞しました。
青春ソング、学園ソングなど学生服での歌唱で人気を得、八重歯が話題になりました。
また、有名な「銭形平」の主題歌など時代劇を題材に、あるいは、文学を題材にした歌も多くあります。
同時期の橋幸夫西郷輝彦と共に「御三家」と称され人気を得ました。
代表曲は、「修学旅行」「学園広場」「花咲く乙女たち」「右衛門七討入り」「あゝりんどうの花咲けど」「高原のお嬢さん」「絶唱」「夕笛」「初恋」などのヒットと続きます。
俳優としても映画では「高校三年生 」「絶唱」「花の恋人たち」など多数出演しました。
またテレビドラマでも、NHK大河ドラマでは昭和39年(1964年)の「赤穂浪士」では矢頭右衛門七を、は昭和41年(1966年)の「源義経」では平敦盛を演じました。他に多数の出演があります。

(昭和19年(1944)12月12日 ~ 現在  ※令和元年(2019)11月現在)

「高校三年生」がヒットした昭和35年(1963年)は、第2室戸台風に見舞われた年でした。また、巨人が6年ぶりの日本一になりました。海外では、ソ連がボストークにユーリ・ガガーリンを乗せ人類初の有人宇宙飛行に成功し「地球は青かった」とのコメントを残しました。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
舟木一夫のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和38年 (1963)→ 高校三年生 水色のひと
修学旅行 淋しい町 学園広場
只今授業中 仲間たち はるかなる山
昭和39年 (1964)→ 初恋の駅 あゝ青春の胸の血は
君たちがいて僕がいた 青春はぼくらのもの 涙の敗戦投手
さらば古い制服よ 貝がらの歌 東京新宿恋の街
まだ見ぬ君を恋うる歌 ひとりになると しあわせの星二つ
夢のハワイで盆踊り アロハ・オエ 少女
おみこし野郎 いなせじゃないか若旦那 花咲く乙女たち
若き旅情 青春の大阪 右衛門七討入り
右衛門七節    
昭和40年 (1965)→ 火消し若衆 木挽哀歌
北国の街 はやぶさの歌 成人のブルース
あの娘をまもろう 竹千代音頭 竹千代の唄
東京は恋する 虹のむこうに あゝりんどうの花咲けど
待っている人 渚のお嬢さん 月とヨットと遠い人
浜の若い衆 たそがれの人 夜霧のラヴレター
あゝ鶴ケ城 高原のお嬢さん 夏の日の若い恋
歩いて行こうよどこまでも 東京百年 やなぎ小唄
昭和41年 (1966)→ 山のかなたに ふるさとの乙女
哀愁の夜 銀座すずらん通り 友を送る歌
おもいをこめて手をふろう 今日かぎりのワルツ ひぐれ山唄
敦盛哀歌 銭形平次 踊ろうぼくと
ひとりぼっちの女の子 太陽にヤア! 真珠っ子
絶唱 雨の中に消えて ジングル・ベル
おやすみ恋人よ ブルー・トランペット 話してごらんこの僕に
一心太助江戸っ子祭り    
昭和42年 (1967)→ 星の広場へ集まれ! 愛につつまれて
北国の旅情 夏子の季節 あいつと
心こめて愛する人へ じっとしてると恋しい 夕笛
さんざしの花咲けば センチメンタル・ボーイ  
昭和43年 (1968)→ くちなしのバラード 北風のビギン
残雪 幸せよ急げ 知りたくないの
夜霧の果てに 喧嘩鳶(野狐三次) 荒城の月
赤とんぼ ふたりだけの街角 銀色の恋
昭和44年 (1969)→ 青春の鐘 永訣の詩
京の恋唄 追憶のブルース 素敵なあなた
ああ桜田門 恋のお江戸の歌げんか(光本幸子) 夕映えのふたり
高原のひと 北国にひとり いつか来るさよなら
昭和45年 (1970)→ 心配だから来てみたけど 紫のひと
昭和46年 (1971)→ 三本のローソク 春の坂道
初恋 あなたの故郷 あゝ名古屋城
昭和47年 (19729)→ さりげない別れ 麦笛
帰郷 流浪 青春
昭和48年 (1973)→ 都井岬旅情 白鳥
少年いろの空 親不孝通り サンチャゴの鐘
夏子の季節    
昭和49年 (1974)→ 愛の新雪 別れの瞳
日本晴ればれ音頭 津和野川 むかえ火
許されるなら    
昭和51年 (1976)→ 別れの部屋 噂めぐり
レマンのほとり 日曜の恋人  
昭和52年 (1977)→ 一葉舟 快傑!児雷也
愛はまぼろし 春哀し 愛を探しに
恋唄 立ち  
昭和54年 (1979)→ ららばい  
昭和55年 (1980)→ グッド・バイ・ソング どうしているかい
昭和56年 (1981)→ 日本海の見える町 さんざしの花
昭和57年 (1982)→ つばさ  

 

 

                                               
平成2年 (1990)→ 風のワルツ 落日のあとで
平成3年 (1991)→ いつか愛したおまえ 友よ
平成4年 (1992)→ これから  
平成5年 (1993)→ 泣かないで 北の道しるべ
平成7年 (1995)→ 最後の恋  
平成8年 (1996)→ 想春 いつでも青春
平成11年 (1999)→ 君よ振りむくな 燃えよドラゴンズ!'99 
  君へ心こめて  
平成12年 (2000)→ 想い出カフェ・オ・レ 小さな手紙
  蜃気楼  
平成14年 (2002)→ 浮世まかせ ありがとうも さよならも
平成16年 (2004)→ たそがれの人  
平成18年 (2006)→ 船頭小唄 燦めく星座
平成24年 (2012)→ 明日咲くつぼみに  
平成26年 (2014)→ 眠らない青春 恋人形
平成27年 (2015)→ 春はまた君を彩る