梶 芽衣子

映画スター【梶 芽衣子】の歌をyoutubeで検索。
梶 芽衣子は、昭和40年(1965)<太田雅子>として「悲しき別れの歌」で銀幕デビューします。
昭和44年(1969)<梶 芽衣子>と改名して「日本残侠伝」に出演しました。歌手としては、昭和45年(1970)ト「仁義子守唄」で始まります。
代表曲として「銀蝶渡り鳥」「怨み節」「反逆のメロディ」「あかね雲」「乾いた華」などがあります。
映画では「博徒百人 任侠道」「野良猫ロック」「女囚さそり」「仁義なき戦い」「動脈列島」「大地の子守歌」「鬼平犯科帳 劇場版」など多数の作品に出演しました。
またテレビでは、何と言っても「鬼平犯科帳」での密偵おまさ役をはじめ、「同棲時代」「新選組始末記」「華麗なる刑事」「家路」「大奥」「御家人斬九郎」「忠臣蔵〜決断の時」など多数に出演しています。

(昭和22年(1947)3月24日 ~ 現在  ※平成2年(2020)4月現在)

「怨み節」がヒットした昭和47年(1972)は、日中国交が正常化し沖縄が日本に復帰しました。グアムで元日本兵の横井庄一さんが発見されます。あさま山荘事件もおこりました。
山陽新幹線が開通。そしてカンカン・ランランが来日しました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
映画スター:梶 芽衣子のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
※年代に誤差の場合があります    
昭和45年 (1970)→ 仁義子守唄  
昭和46年 (1971)→ 悲しい笑顔  
昭和47年 (1972)→ 怨み節 女の呪文
昭和48年 (1973)→ 芽衣子のふて節 やどかり
  はぐれ節 修羅の花
昭和49年 (1974)→ 雨の夜あなたは ジーンズぶるうす
昭和50年 (1975)→ 命日  
昭和53年 (1979)→ 晩夏  
昭和54年 (1980)→ 酒季の歌  
   
平成6年 (1994)→ 舟にゆられて  
平成29年 (2017)→  
     
【その他】    
東京流れ者 一番星ブルース ざんげの値打ちもない
長崎の夜はむらさき 芽衣子の夢は夜ひらく 裏町人生
カスバの女 修羅雪姫 一度だけなら
禁じられた一夜(安岡力也) あいつの好きそなブルース C子の唄
昔の名前で出ています おんな叛き唄 女をやめたい そして…