園 まり

昭和30~40年代歌謡【園 まり】をyoutubeで検索。
園 まりは、昭和37年(1965)「鍛冶屋のルンバ」でレコードデビューします(当初は、安西愛子に師事し童謡歌手でした)。中尾ミエ、伊東ゆかりらと<スパーク3人娘>で活躍し人気を得ました。
昭和39年(1964)に「何も云わないで」がヒットします。その後も「逢いたくて逢いたくて」「夢は夜ひらく」「何んでもないわ」「愛は惜しみなく」などのヒットが続きました。
NHK紅白歌合戦には、昭和38年(1963)から6回の連続出場を果たします。
その他の代表曲として「太陽はひとりぼっち」「涙のバースデイ・パーティ」「大阪の女」などがあります。
映画・テレビドラマにも女優として多数に出演しました。

(昭和19年(1944)8月21日 ~ 現在  ※令和元年(2019)時点)

「何も云わないで」がヒットした昭和39年(1964)は、東京オリンピックが開催された年です。海外渡航も自由化されました。東海道新幹線、東京モノレールが開通しました。富士山頂に気象レーダーが設置もされました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
園まりのお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和37年  (1962)→ 鍛冶屋のルンバ ベルリンの街角で
恋する悲しさ 私のハートに賭けないで マッシュポテトタイム
愛の白夜 太陽はひとりぼっち 家へ帰ろう
昭和38年 (1963)→ グッドバイ・ジョー 約束して
燃える太陽 可愛いばらの少女 赤い風車
女王蜂 禁じられた恋の島 プリンセスではないけれど
涙のバースデイ・パーティー    
昭和39年 (1964)→ 夢の散歩道 ヴィーナスの竪琴
聞いちゃった!
歌っちゃった!泣いちゃった!
明日に太陽を ひなげしの花咲けば
銀座のキューピット 花はどこへ行った ほゝにかかる涙
帰らぬ初恋 何も云わないで 雨はいじわる
昭和40年 (1965)→ あなたとなら 冷たい星の下
昭和41年 (1966)→ 逢いたくて逢いたくて あんたなんか
やさしい雨 何んでもないわ 夢は夜ひらく
一人で踊るブルース 帰りたくないの 散りゆく花
昭和42年 (1967)→ つれてって 夜があるかぎり
愛は惜しみなく 誓ってほしい 愛情
昭和43年 (1968)→ 好きなの 好きなの あなたのとりこ
  ひとりにしないで 泣きぬれて
昭和44年 (1969)→ おもいきり泣かせて  
昭和45年  (1970)→ くちづけ テネシー・ワルツ
昭和47年  (1972)→ 旅情  
昭和53年  (1978)→ 舞酔坂 流されて
昭和54年  (1979)→  
昭和55年 (1980)→ 大阪の女  
     
平成23年 (2011)→ もう一度逢いたくて  
     
【その他】    
知りすぎたのね 情熱の花 五ツ木の子守唄
明治一代女 野崎小唄