森 昌子

昭和30~40年代歌謡【森 昌子】をyoutubeで検索。
森 昌子は、昭和47年(1972)にて「せんせい」デビューしました。山口百恵桜田淳子と「花の中三トリオ」と称され人気を得ます。
昭和45年(1977)「なみだの桟橋」よりの演歌路線の道で歌唱力で実力のある歌手へと評価されます。
そして、昭和58年(1983)「越冬つばめ」で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しました。
NHK紅白歌合戦には15回の出場を果たします。昭和60年(1985)には、紅組の司会をしました。
その他の代表曲として「哀しみ本線日本海」「立待岬」「愛傷歌」「おかあさん」「津和野ひとり」など多々があります。
ものまねが得意でもあり、「ものまね王座決定戦」では初代チャンピオンにもなりました。
また女優として、映画では「としごろ」「花の高2トリオ 初恋時代」、レビドラマでは、大河ドラマの「風と雲と虹と」「どんど晴れ」「想い出づくりなどに出演しました。
平成31年(2019)3月25日に、年内限りで芸能界からの引退を発表しています。

(昭和33年(1958)10月13日 ~ 現在  ※令和元年(2019)12月時点)

「せんせい」がヒットした、昭和47年(1972)は、札幌五冬季オリンピックが開催された年です。沖縄が日本に復帰しました。日中国交が正常化し、パンダのカンカン・ランラン来日します。 また、グアムで元日本兵(横井庄一さん)発見され、あさま山荘事件が起きた年です。山陽新幹線が開通しました。

当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
森 昌子のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和47年  (1972)→ せんせい 同級生
昭和48年  (1973)→ 中学三年生 夕顔の雨
  記念樹 白樺日記
昭和49年 (1974)→ 若草の季節 下町の青い空
  おかあさん 北風の朝
  今日も笑顔でこんにちわ  
昭和50年 (1975)→ 春のめざめ 面影の君
  あの人の船行っちゃった あなたを待って三年三月
昭和51年 (1976)→ おばさん 夕笛の丘
  少年時代 恋ひとつ雪景色
  どんぐりッ子  
昭和52年 (1977)→ 八千代ふるさと音頭 小雨の下宿屋
  なみだの桟橋 春の岬
  港のまつり  
昭和53年 (1978)→ 父娘草 津和野ひとり
  晴れたり降ったり曇ったり 彼岸花
昭和54年  (1979)→ 夕子の四季 翔んでけ青春
  ためいき橋 銀のライター
昭和55年  (1980)→ 故郷ごころ 信濃路梓川
  波止場通りなみだ町  
昭和56年 (1981)→ 北寒港 哀しみ本線日本海
昭和57年 (1982)→ 鷗唄 立待岬
昭和58年 (1983)→ ふるさと日和 越冬つばめ
昭和59年 (1984)→ 寒椿 ほお紅
昭和60年 (1985)→ 恋は女の命の華よ 愛傷歌
昭和61年 (1986)→ 孤愁人  
  そして、今...悲しみの終着駅 〜さようなら〜
  ありがとう  
     
平成18年  (2006)→ バラ色の未来  
平成19年  (2007)→ こころ雪 綺麗
平成21年 (2009)→ 子供たちの桜  
平成23年  (2011)→ 洗濯日和 愛は流れる
平成24年 (2012)→ 人生に乾杯  
平成25年  (2013)→ はぐれどり  
平成26年  (2014)→ 花魁  
平成27年  (2015)→ 惚れさせ上手 心は哀しいものですね
平成28年  (2016)→ 百年の恋歌  
平成29年 (2017)→ 哀しみの終着駅 みぞれ酒
平成30年  (2018)→ 好きかもしれない  

 

 

                                               
【その他】    
下町育ち 川は流れる ひばりの佐渡情話
ああ上野駅 哀愁出船 緑の地平線
夫婦坂 青葉城恋唄 たそがれマイ・ラブ
よこはま・たそがれ 再会 希望
女学生 もしかしてPARTⅡ 恋人よ
無縁坂 わかって下さい みだれ髪
赤ちょうちん 東京のバスガール 人生いろいろ
いい日旅立ち 波浮の港 影を慕いて
雨やどり 好きになった人 細雪
夜霧に消えたチャコ 他人船 水色の雨
夜のプラットホーム 津軽海峡冬景色 紫陽花の雨
ゴンドラの唄 涙の連絡船
恋する夏の日 あの丘越えて 斎太郎節
白樺日記 古都の春 冬のリヴィエラ
22才の別れ 浪花節だよ人生は 青い山脈
男の純情 宵待草 傷つく世代
ある愛の詩 白いギター 折鶴
釜山港へ帰れ 月よりの使者 夫婦船
石狩挽歌 別れの一本杉 東京ラプソディー
東京だよおっ母さん シクラメンのかほり 人生の並木路
北の宿から 北上夜曲 長崎は今日も雨だった
別れのブルース
君忘れじのブルース
お別れ公衆電話 君待てども
忘れな草をあなたに 北国の春 北の蛍
そして神戸 古城 愛国の花
高原の駅よさようなら 津軽のふるさと 君の名は
長良川艶歌 漁火恋歌 わたしの城下町
秋桜 東京の花売り娘 女の港
早春賦 夜汽車 さくら貝の歌
田原坂 智恵子抄 赤い風船
月がとっても青いから 夢芝居 悲しき口笛
里の秋 矢切の渡し とうきょう暮らし
帰りこぬ青春 サーカスの唄 おんなの海峡
聖母たちのララバイ 池上線 神田川
別れ船 りんご追分 江ノ島エレジー
娘船頭さん 岸壁の母 夫婦善哉
夢追い酒 好きになった人