北島三郎

昭和30~40年代歌謡【北島三郎】をyoutubeで検索。
北島三郎は、東京声専音楽学校で歌を学び渋谷を忠臣にに流しで歌い始めます。
その後、船村徹と出会い船村門下となり本格的に学びます。そして昭和37年(1962)に「ブンガチャ節」でデビューします。
同年「なみだ船」がヒットし歌謡界に知られる事となりました。
昭和40年(1965)には「兄弟仁義」と「帰ろかな」「函館の女」とヒットが続きます。
他、代表作は数多く「ギター仁義」「博多の女」「加賀の女」「与作」「風雪ながれ旅」「まつり」「北の漁場」など多くの楽曲まがあります。
NHK紅白歌合戦には、昭和38年(1963)「ギター仁義」で出場以来、平成30年の特別出演まで51回の出場歴を誇ります。
また俳優としても、映画では「兄弟仁義」「兄弟仁義 逆縁の盃」「博徒列伝」などで渋い演技があります。
そしてテレビドラマでは、「暴れん坊将軍 」で江戸町火消総元締・辰五郎としてお茶の間で活躍しました。
舞台では、昭和43年(1968)からの「北島三郎特別公演」の人情時代劇と歌謡ショーで「サブちゃん」の愛称で人気を得ています。
演歌歌手であり俳優、作詞家、作曲家として活躍。

(昭和11年(1936)10月4日 ~ 現在  ※令和元年(2019)11月現在)

「なみだ船」がヒットした昭和37年(1962)は、国産旅客機YS-11が初飛行し、首都高速道路1号線が開通しました。また、若戸大橋が開通したのもこの年でした。


当サイトでは、昭和から平成までの時代に流れていた心に寄り添う歌を便利にYouTube検索できます。
北島三郎のお好きな歌を検索されてお楽しみ下さい。


昭和年代別流行歌はこちらから

                                               
昭和37年 (1962)→ ブンガチャ節 なみだ船
昭和38年 (1963)→ ギター仁義 ジャンスカ節
  東京五輪音頭(畠山みどり)  
昭和39年 (1964)→ ソーラン仁義  
昭和40年 (1965)→ 兄弟仁義 帰ろかな
  浪人独り旅 函館の女
  男の涙  
昭和41年 (1966)→ 尾道の女  
昭和42年 (1967)→ 博多の女 関東流れ唄
昭和43年 (1968)→ 薩摩の女 伊予の女
  西海旅情  
昭和44年 (1969)→ 加賀の女  
昭和45年 (1970)→ 伊豆の女 城ケ崎ブルース
昭和47年 (1972)→ 沖縄の女  
昭和48年 (1973)→ 木曽の女  
昭和51年 (1976)→  
昭和52年 (1977)→ 海峡ブルース 終着駅は始発駅
昭和53年 (1978)→ 与作  
昭和54年 (1979)→ 横浜の女  
昭和55年 (1980)→ 風雪ながれ旅  
昭和57年 (1982)→ 炎の男 日本海
昭和58年 (1983)→ 漁歌  
昭和59年 (1984)→ 神奈川水滸伝 まつり
昭和60年 (1985)→ 箱根のおんな  
昭和61年 (1986)→ 浪曲太鼓 北の漁場
昭和62年 (1987)→  
昭和63年 (1988)→ がまん坂 年輪
  あじさい情話  
昭和64年 (1989)→ 夜汽車  

 

 

                                               
平成2年 (1990)→  
平成3年 (1991)→ 北の大地  
平成5年 (1993)→ 男道  
平成6年 (1994)→ おやじの背中 こころの母は北斗星
平成8年 (1996)→ 石狩川よ 男一代
平成9年 (1997)→ 塒(ねぐら) 陽だまり人情
平成12年 (2000)→ のぼり坂  
平成13年 (2001)→ 妻よ 輝(かがやき)
  あづま男と浪花のおんな
中村美律子
 
平成14年 (2002)→ 演歌兄弟
鳥羽一郎
次郎長富士
  父親(おやじ) 次郎長笠
平成15年 (2003)→ 北の男船 北の兄弟
平成18年 (2006)→ 勘太郎しぐれ 標(しるべ)
  あの日時代 願(ねがい)
平成19年 (2007)→ 風よ 灯台あかり
  その名はこゆき ひとすじ
平成20年 (2008 忠治流れ旅  
平成21年 (2009)→ 比叡の風
平成22年 (2010)→ 夫婦一生  
平成23年 (2011)→ さだめ道 男の人生
平成24年 (2012)→ 港雪 おまえのことが・・・
平成25年 (2013)→ 勘太郎笠 百年の蝉
  男どうし
鳥羽一郎
 
平成26年 (2014)→ 人道 路遥か(北山たけし)
平成27年 (2015)→ 涙の花舞台 御陣乗太鼓
  今日より明日へ…おれの道  
平成28年 (2016)→ 合わせ鏡(大月みやこ) 男の勝負
  父と娘
坂本冬美

(島津亜矢)
平成29年 (2017)→ 夢千里 ありがとう キタサンブラック
平成30年 (2018)→ 幸せ古希祝 にっぽんの歌